障害者と役所と世間一般の目と私

昨日BSで『最強のふたり』と言う映画をやってた。

タイトルだけ診ると刑事物のようだが全く違って頸椎を痛め下半身不随の超リッチな中年男フィリップとスラムに住む黒人男性ドリスの実話を基にした話だ。

ドリスは介護士の募集に面接に行く、それは仕事を求めてではなく、求職活動をしたという書類のためだ。それを3枚集めると就職センターで手当てが貰える

で、そこからフィリップとの間に奇妙な友情?が芽生え・・・と言う話でいわゆるヒューマンコメディだ。

僕としては好きな映画だが今日書く記事の本題とは別

その面接に来た人達の面接の様子が興味深い

勉強をしてたので実務経験はないが法制度のことはよく知っている青年

介護士資格を持って高齢者の介護を長くやってきたと自慢気に言う中年

面接の応対もしどろもどろな男

志望動機を聞かれると

『お金』という人正直でいいと思う

『障害者が好き』と言う人キモ!

『何もできない人に何かをしてあげたい』と言う人やっぱりキモ!

結局ドリスが1ヶ月テスト的に雇われることになる

初めて外出に付き添う時フィリップの乗る介護設備のある車を見る

『え~これに乗るのか?それも後ろに?あんた競争馬か?』

といって横に留まっていた車のカバーを剥がすとマセラッティが止まっている

『すげえ!これで行こうぜ!』と言って強引にフィリップを乗せる

ドリスは眉を顰めたくなるような発言もする

ドリスがチョコレート菓子を食べてると、フィリップがそれはどんなのだと聞く

ドリスは『これはダメだ、これは健常者用のチョコチップだ』なんてことを言う

日本でなら脚本家は絶対に書かないセリフだ。もし書けば障害者団体からクレームがつきメディアを通じて謝罪する羽目になる

そして日本の障害者に対する対策、認識に絶対的な誤りがここにある

障害者は家でおとなしくしてろ

障害者は家族が面倒を見ろ

障害者は労われ、そして障害者自身人に迷惑をかけるな!

障害者どうしが結婚?誰がその面倒を見るんだ!

障害者が出産?まともな子が生まれるのか?

無知と無関心と無責任が障害者を囲い込み、ナチスのワルソーゲットーのように身体だけでなく心まで閉じ込めようとする

日本人の美徳の一つの『他人に迷惑をかけないで生きる』と言うのをどこかはき違え、人の手を借りることは迷惑だという認識が蔓延しているのかもしれない

哀しいかな多くの障害者は自分一人ですべてのことが出来るわけではない。だから障害者なのだ

トイレやお風呂を人の手を借りてしか入れない人もいる

そういう障害者を汚い物でも見るような人もいる

だからと言って他人が自由に生きる権利を侵害しても良いことにはならない

『あんたら重度の障害者は人としての権利は50%カットね』

『あんたら重度の障害者が自分がやりたいことをやるなんて我儘よ』

障害者が何か人の役に立ちたいと考えても『自分の面倒も見られない人がどうやって人の面倒を見るのよ』なんて言われる(これは僕自身が実姉に言われた)

笑うに笑えない笑い話のようだが法整備はともかく社会はそれで動いてしまっている

中小企業の社長が『かたわを雇ってやってるんだから給料安いのは当たり前だろ』と言う認識がいまだに通り、逆に障害者の権利を認める会社では『何で俺があいつと同じ給料やねん』なんて言う同僚がいる

それが現実だ

障害者差別解消法は差別があるからそういう法律を作らなければならないのだ

役所の担当者の一人一人の認識、人々の障害者への考えを改めるには何年も何十年もかかる。それほど根深く、そしてそこには健常者の優越感と言う闇が潜んでいる

『あ~こんな障害者でなくてよかった』という自分と障害者との間に線を引き、『あんたらとは住む世界が違うのよ』と言う意識だ。なんて言い方はあまりに悪意すぎるか

つまり健常者はどんなに障害者に寄り添う人でもどこかに越えられない壁がある

彼らは障害者ではないからだ

『そんな障害があってかわいそう』と言うのはそんな障害が無い私はなんて幸運なの、と自分を安全な立場に置いたうえでの『かわいそう』なのだ

ハローワークで求職すると障害者であることを明記しなければならなず、明記するとほぼ100%就職は成らない

おかしな話だがそれも現実だ

だけど現実を現実として受け入れてしまっていては何の進歩も無い

誰かがこの状況を変えてくれる・・・ではなく自分たちが変えなければ話は進まない

障害者がビル建設のトビをやるのは少々無理がある

ならば自分の出来る範囲・・・よりちょっと超えたところで頑張って表現者なりになり自分の存在を世に知らしめればいい

1000人の中の一人だけが右を向いてもそれは埋もれてしまうが10000人の中の10人だと気づく人がいる

10万人の中の100人だとかなり目立つのだ

割合は一緒でも数は物事を良い方へ変える力になりえる。

 

あ~いつも通り何を言いたいのかよくわからない記事になってしまった

| | コメント (0)

LINEスタンプ販売中

http://line.me/S/sticker/1101233

LINEのスタンプを作りました

『ゆうこちゃん』です

シチュエーションは

中学校の先生ですがちょっと熱血、ちょっとおっちょこちょい

恋がしたくて時々イイ女のふりをするが底が知れてる

スポーツ大好き、宴会大好き、料理は下手だけど大好き

全国の『ゆうこちゃん』に買ってほしいです

|

住み続けるのは…のつづき

引越しを考えている。ってのは前回言った

今回はそれがちょっと現実的になった

ある地方の空き家バンクに登録し月1万円の一戸建てを見つけた

地域としては温暖だがその家があるのはちょっと山奥、広さは今のところの倍ほどある

近くに民家は無く夜中でもプリンタが動かせるし革工芸もでき、音に関しては全く心配がいらなくなる

建物は築50年を超え、ところどころリフォームが必要でそれはこちら持ち

担当にメールで確認したら建物自体に修理は必要無く、フローリングの床とかも傷んではいるがこのままでは住めないというほどではない

もちろんリフォームはするが貧乏なので業者には頼まず自分でする

なぜかそういう知識だけはある(一応インテリアプランナーを目指してたこともあるし)

自治体が費用の1/2までは出してくれるがいくつかの条件がありちょっとメンドクサイ

古民家にありがちな昔住んでいた人の家財一式残ってるということも無く、水道、電気、ガス(プロパン)、そしてトイレは洋式の水洗(ただし単独浄化槽式)で極端に古い構造ではない

湯沸しが石油(薪)と言うのが気になるにはなるが・・・

何にせよ一度行かなければならない

そしてもし決まったら引越しをすることになるがそのための費用も必要だ

引っ越し業者へ払うのとか何やかやで50万~100万円ぐらいは必要なのかと思う

 

だから近々僕のLINEのスタンプが公開されるので買ってくれ(㏚)

一個売れて約40円入ってくるから1万個売れれば引っ越しができるw

 

取らぬ狸の皮算用

| | コメント (0)

住み続けるのは・・・

マンションの更新がある

もしかしたら大家さんから更新を断られるかもしれない

ならば引っ越すしかなく更新までに引越し先を決めなければならない

もちろん今日言われて、さあ出ていけなんてことは無いだろうが僕が居住権どうのこうのは言えた義理じゃない

また年金暮らしの還暦のジジイを住まわせてくれる賃貸もたぶんないだろう

そうなるとホームレスか・・・それにしては荷物が多すぎる

一般的な生活家電とは別にプリンタがでかいのと中くらいのとレーザーと3台ある

あとパソコンやらモニタやら・・・

絵を描くための道具も多い、エアブラシのコンプレッサー、A1ができるラミネーター

それらを処分するとしても数万~十数万円がかかる

にっちもさっちもどうにもブルドックだ

 

ネットで見てて良いなと思う売り物件があった

ひとつは茨城の山奥の物件で築21年、建物80平米、土地が450平米あり120万円

ログハウス風建物ですごく雰囲気が良い、だがかなりの修繕が必要だ

もうひとつは岡山の島、築30年、建物39平米、土地は150平米で128万円

こちらは修繕とかしなくてもすめそうだが、何しろ瀬戸内海の島、引越しできるのだろうか

ただ瀬戸内は明るく、神戸に住んでいた自分としては気候になじみがある

 

実はもう一件、静岡に60万円と言う物件があった

かなり傷んでいるが日曜大工的に修理していけば住めなくもないがその家に至るまでの道が無く、細い石の階段でできた崖のようなところを登っていかねばならない

そこで暮らすのは現実的に不可能だと思う

そして45万円の物件と言うのもあった

相続放棄の弁護士物件だ

グーグルアースで場所を調べたら・・・家の真ん前がお墓・・・お墓はちゃんと供養されて入ってるので縁起の悪い物ではないが毎朝お墓を見るというのは現実的に気分のいいものではない

まあ今の僕に贅沢は言えないのだが

賃貸は先の理由で考えてない

いろいろ模索中だが、引っ越すにしてもお金がいる

売買金額と仲介料、さらに登記料とか何やかやがかかるらしい

こんなどうしようもないノッポおじいちゃんに明日はあるのか!!

| | コメント (0)

人は存在するだけで・・・

人は…特に僕は存在するだけで他人に迷惑をかけてしまう

住んでいる部屋の管理会社が変わるらしい

もし、大家さんから外されたのならその責任の一端は僕にあると思う

ここに住んで約10年、いろんなことがあったが太宰治風にいえば『恥の多い10年だった』

街のルールは守ったし近隣住民とのトラブルも無かった

だがそれは僕が知らないだけで僕のことを疎ましく思っていた人がいるかもしれない

何気なくしたことが人の琴線に触れ怒りを買うこともある

 

何にせよこの部屋はいずれ出なければならないかもしれない

そうなればどこか山奥の過疎地の放置された空き家に住むことを考えている

北海道なら70万円で土地付きで買える家がある

もっと過疎なら九州に『年』1万円で借りれる物件もある

因みにそのどちらも今よりはるかに広い・・・が北海道は豪雪地帯、九州は上下水道が通っておらず井戸水を利用しトイレは汲み取り式だ

蛇口をひねればお湯が出てコックをひねればトイレがきれいになるという今のような生活ではない

さらに障害で仕事もできず高齢になっていく僕を自治体が受け入れてくれるのだろうか

昔、ここへ越してきた当初、ブログで『いずれ宮古島に住み、絵を描いて暮したい』なんて書いた記憶がある

今となっては何と言う贅沢な夢なんだろうと思う

 

 

 

 

|

今年初めての更新

今年初めての記事です

ってことであけましておめでとうございます・・・おそいっちゅうねん

体調もあまりよくなく、定期的に医者にもかかって・・・

歳を重ねるというのは機械が壊れるように体のいたるところに不具合が出てそれといかに付き合うかに時間を使うということなのかと思う 

なのに僕のスケベ心は一向に衰えることが無い(笑

年末からこっちHなイラストばっかり描いていた

その内何枚かをアップ

↓橋口五葉の作品をリスペクト

Photo

↓そのつもりはなかったんだけど小梅ちゃんになってしまいました

Koume

↓瞽女さん・・・ぽいですが鳥追いかな

2

昔の作品をちょっと手入れ

Photo_2

|

金がない

金がないなんて産まれてこの方金があった事が無いのであまり落ち込まない

何しろ僕の事情で何ヵ月も仕事が出来ないのだ、お金があるはずがない
お金が無いのはまあいいとして(いいのか?)ついに食料が無くなった
パンとコーヒーとラーメンで餓えをしのいでいたが、とうとうコーヒーだけになってしまった
明日から朝昼晩コーヒーでしのがなけれはならない
Coop の宅配は12日ならないと来ない(と、言うか発注が明後日)
おかげで体重は5キロ減った
貧困ダイエットなんて本でも出すか
おにぎりが食べたいとメモを遺して亡くなった方がおられたが
どうせならウナギ(国産)が食べたい。
A5ランクの牛肉でもいいし、ふくやのめんたいこでもいい
全て痛風持ちの僕には良くないのだが・・・
なんて現実逃避に走るぼくだ
こんなことをしていていいのだろうか

|

MRI

何年にもわたって診ていただいていた病院の医師が移動になり別の病院にかかることになった

初診と言うことでいくつかの検査・・・というよりさまざまな検査をした

レントゲン、CTはもちろん息を吹きかけて呼吸の異常状況や能力を見る検査、さらに炎症反応が出ているということで消化器科にもかかった

その消化器科で肝臓の異常が見つかった

元々若い時に罹った病気の薬のせいで急性肝炎になったことがある。そしてさらに軽度ではあるが慢性肝炎もあるというややこしい状況

その慢性肝炎の状況が長いため少しずつ肝臓にダメージを与え長い間かかって肝臓の一部が肝硬変になっているらしい

それを確認するためにMRIにかかった

出来上がった画像を見せてもらったが当然僕にはどこがどうなのかさっぱりわからない

胆管が少し太くなっている・・・と言われてもどこが胆管なのか、その胆管と言うのは何をつかさどっているのか何もわからない

手術をして肝臓の一部を切り取り調べればすべてわかる・・・と言う物でもないらしい

さらに手術は身体の重要な臓器にメスを入れるので何らかのダメージは与える。盲腸を切り取るのとはわけが違う

で、手術は断った。

僕が30歳か40歳ぐらいなら手術をし自分の体の状態を知ってた方がいいかもしれない

でも、還暦を過ぎ平均寿命まで生きたとしてあと17年ほど、たぶん僕の身体を考えると実際に生きられるのはあと10年少々か、なら、今までのようにそれなりに生きていられればいい

ただ困るのは実質天涯孤独の身なので、寝たきりになりそのまま死んでしまって一月後に発見・・・てなことになったらマンションの大家さんと管理者にものすごく迷惑がかかる(それでなくとも・・・)

 

行雲流水のごとく生きようとしても社会と言う枠組みの中でそれはすごく贅沢な生き方なのかもしれない

|

放置プレーはお好き?

別に変態の話ではない

ブログを約3か月放置していた

その間いろんなことがあった・・・いや無かった・・・いやあったのか?

なにしろ痛風がひどくて歩くこともままならない時期があった

今までなら概ね1週間で治ってたのがすでに3週間になる

とりあえずコンビニには行けるがそれ以上の行動ができない

ふつう痛風は片方の足に出る。

それは脳が『両足に出たら歩けなくなるじゃん』と考えて片方だけに出すらしい(真偽不明)

今回は両足に出た

最初右足に出て足が腫れトイレに行くのもままならなくなった

それが少し回復した頃左足に出た。

そうなると生活はにっちもさっちもいかなくなる

とにかく歩けない、と言うことは買い物にも行けない

それは僕にとって飢えを意味する

幸いパスタとか小麦粉、米、豚肉などの買い置きがあったのでしばらくはすごせたが台所に立つのがつらい

辛いという字は幸せと言う字に似てるのに意味は全く正反対だ。因みに『若いという字は苦しいという字に似てるわ♪』なんて歌が昔あった

それはともかく、左足の痛風はここへきて治まってきているが右足がまだ治らない

歩けないほどではなくコンビニには行けるが離れたスーパーには行けない

ノッポおじいさんの明日はどっちだ

|

アスペルガー症候群

最近になってわかったことがある

僕はアスペルガー症候群かもしれない

Wikiで調べると一種のコミュニケーションの能力は健常者に比べて劣るそうだが、自閉症とかとは違い自分からコミュニケーションはとれるがいわゆる空気が読めないということがあるらしい

また社会で何年も働いてきたので通り一遍のコミュニケーションはとれる。僕自身人と話すのは好きだし一見人当たりも良い

その実、何を話したらいいのかがわからない

変に気を使いしばらくすると苦痛になることもある

特に初対面、またはそれほど親しくない人に対し『人見知り』というレベルを超えて関われない

だが人に気を遣う性格がこちらから話しかけてしまうが相手がきっと鬱陶しいと感じてるのではないかと結局話すのをやめてしまう

だから人とのコミュニケーションが中途半端に終わりそれがグループなら仲間にも入れない

無理して入っても自分が浮いてしまってるんじゃないかとか本当に些末なことを気にして次第に遠ざかってしまう

さらに始末が悪いことに僕は一人でいることが好きで何日も人と話すことが無くても平気でいられる

人恋しければきっともう少しアクティブなんだろう

この年になってこんなことに今更気づいて人生に何のプラスにもならないが自分を総括するうえでは必要な知識を得たと思っている

今日夕方のニュースで孤独死の特集をやってた

明日は我が身だと思った

 

|

«書店の嘆き