« 指がこんなになっちゃいました | トップページ | バイクツーリング »

絵の話 その2

これはYAHOOの掲示板からの続きです

http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1835126&tid=a5aaa5ja58a5ja5ka5a4a5ia59a5ha4ac8aba4bfa4a4a4ga49&sid=1835126&mid=1&type=date&first=1

「批判」と「批評」は違いますよね、

掲示板では「批判」と書くつもりが「批評と書いてしまった スマン

僕は辛口でも言いから「批評」されたいです。
出来上がった作品を見て「こんな絵、誰でも描けるよね」というような言葉を聞くとたとえそれが僕の作品でなくてもむかっ腹が立ちます。

正しい批評を受けると自分には見えなかったところに気が付くことがあります。
友人(30代半ば)が油絵をやっていて、日展でたまに入選してる人なんですがその彼に「MASAYOさんは、全体的には上手いし、構図の取り方もいいと思うけど、なんか物足りない」って言われたんですよね

注 もちろんMASAYOさんなんて呼ばないですよ

「なにが?」って聞くと「う~ん」としばらく考えた後、「俺も勉強中で偉そうな事言える立場じゃないけど色使いが甘いのかな~赤は赤であって赤じゃないってわかる?」とわけのわからないことを言ってました

つまり僕は、たとえば車に色を塗る場合青だったら青をベタッと縫ってるんですが、彼の言うのには色って、たとえ青でも青だけじゃないでしょ、いろんな色の兼ね合いの中で青に見えてるんでしょ…って言うんだけど僕にはちょっと理解できなかった

「色即是空空即是色?」っていうとちょっとあきれた顔をしてたが、やはり彼は芸術家だ…と思った

とにかく彼の指摘を受けて「色」というものをちょっと考えてみようと思った

でも考えてどうなるものでもないので手近なところで「人物」それも似顔絵を描いて色と言うものを考えてみることにした

ところがこれが考えていた以上に難しい、まず肌色…肌色じゃないんですね、彼の言ったとおり一つの色のグラデーションで成り立ってるわけじゃないんです。

影は明るいところの色をそのままダークにするだけで影にはならないんですね…

試行錯誤で描いたのが「安めぐみ」、自分的には「ちょっと似てるやん」と思い、続けて描いたのが「ほしのあき」

これは髪の毛にこだわりちょっと濡れた感じを出したら掲示板の方に「ちょっと濡れた感じの髪がいい」って褒められた

「豚もおだてりゃ木に登る」で続け様に描いたのが「BoA」で…これが最悪!(別にBoAが最悪と言う意味じゃなく)何度書き直しても似ない、顔の色も変、そのうちに描き直しすぎて形まで変になってきた。

こりゃいかんと思い描いたのが「大木優紀(テレ朝のアナウンサー)」でドツボにはまりました。注 大木ちゃんがドツボと言うわけではない

以来小倉優子、西川史子、と描いて仲間由紀恵さんあたりからちょっとコツをつかんだかなと言う感じ

室井ユヅキさんと国生さゆりさんは表現を変えて描いてるので除外です。

ぴあの表紙をイメージ

つまるところ、先の「赤は赤であって赤でない」というのを判っていて赤を塗るのとそれを判っていなくて赤を塗るのとでは意味が違うと言うように僕は理解しました

なんか精神論を説いてるようで誤解を招きそうなんですが決してそうではありません

精神論で絵が上手くなるんだったら僕は山に篭ります。

結局絵を描くと言うことはそれがプロであれアマチュアであれ上を目指すのなら一生勉強なんだなあとあらためて思い知ったしだいです

|

« 指がこんなになっちゃいました | トップページ | バイクツーリング »

コメント

加藤紀子さんの絵をリクエストしたいです(。-∀-)ニヒ♪

非難と批判はまた違うと思ってます。

偶然にも今日UPした記事で、私も同じ言葉を使ってます。
(内容はMA$AYOさんのと比べると、とてもつまらない記事ですが(汗)

正しい批評の下りは私も同感です。
それができる人はまだまだ伸びると思いますよ(⌒‐⌒)

投稿: 390X | 2006/03/24 14:49

>390Xさま

記事読みました。
コメントも残しました。読んでください

それにしても民主党はアホですね、世間知らずと言うか、ボンボンというか…当分は二大政党、政権与党なんて無理ですね

投稿: MA$AYO | 2006/03/24 15:11

御意(゚ω゚)(-ω-)(゚ω゚)(-ω-)ゥィゥィ


記事と無関係でm(;∇;)mゴメンネd(>∇<;)ゆるちて♪

高校野球見てます?
何か高岡商逆転したかと思ったら(・・?
何故かな~?

投稿: 390X | 2006/03/24 15:34

>390Xさん
加藤紀子アップしたわよ~~ん
似てないとクレームとかは受け付けないで~す
何しろ2時間ぐらいで描いたんだから…早!!

投稿: MA$AYO | 2006/03/24 17:37

掲示板からこちらに流れてきました。
なるほど、確かに批判と批評は違いますね。
私はまだ心の容量が少ないので、辛口の批評されたらヘコむと思いますが・・・(^^;)
まあそれは置いといて。
色のお話、興味深く拝見しました。
masayoさんのお話を読んで、なんとなくわかったような気もするんですが、まだ絶対に自分のものとして理解はしてないんだろうな・・・と思います。
似顔絵拝見しましたけど、確かに肌の色をじーっと見てると単なる「肌色」ではないような気がしました。もっと複雑な色が交じり合って肌色を作ってる・・・というか。
最後のひとこと、本当にそのとおりだと思います。一生勉強ですね。がんばります。

それにしても、2時間であの加藤紀子さんを描いたんですか!
びっくりです。
私は広末涼子さんが雰囲気がすごく出てて好きです(^^)

投稿: shuna | 2006/03/24 18:14

見てきましたヽ(●´ω`●)ノ

加藤さんの特徴をよく捕らえて描かれてますね(⌒‐⌒)

一発で紀子フアンはわかると思います。

:*:°・☆ヾ(δ_δ。)了└|力"├♪・・・ありがとうございました_(._.)_

投稿: 390X | 2006/03/24 18:38

>Shunaさま

こんにちは コメントサンキュです

根本的には「開き直り」かもしれません
辛口の批判されたら「でも私はこれで良いと思ってる!!」と言いながらこっそり勉強したりして自分のスキルを高めるんですね(^^)

僕も偉そうな事言ってますが批判批評されるのは嫌ですよ、ただ自分が絶対的に尊敬してる人からの批評は別の話

鈴木英人さんに「ここをもうちょっとこうしたら良いんじゃないかなあ」なんて言われたら速攻で直します(^^)

390Xさんのリクエストが2時50分、アップしたのが5時半、逆算して実質2時間プラスアルファぐらいかな
でも細かいところはかなり手抜き>スマン390Xさん<です

実は広末涼子は僕自身「おっかなり良くネ」って感じです
元データを大きくプリントアウトしてもまあまあそこそこの出来(謙遜してるんだよ)でした


投稿: MA$AYO | 2006/03/24 18:51

>390Xさま
描いてて「あまり似ないなあと」思ってたのですが、WEB用に縮小展示するとそれなりに似てますね
かなり若い頃の加藤紀子さんですが…

投稿: MA$AYO | 2006/03/24 18:59

ヤフ−掲示板から来てみました。

色の話、興味深く、読みました。
私も、似顔絵ではないですが、人物を描いているので
肌色は迷います。。
肌色決まると、次は、唇だったりしますけど(^▽^;)

似顔絵、広末さんの作品の表情がイキイキしてますね。
広末さんらしさもでてるし素敵です。

では、お邪魔しました。

投稿: 菊池りらん | 2006/03/24 22:44

>りらんさん

お越しいただきありがとうございます
そうそう唇も…赤じゃないんですよね(あたりまえだけど)

広末涼子の似顔絵は僕自身「おっかなり良くネ」…てこれ別の人のレスにも描きましたね(^^)/

ぜひまた来てくださいね

投稿: MA$AYO | 2006/03/24 22:59

どれもこれも素晴らしい!
「ほしのあき」ちゃん、ベビーフェイスぶりがよく表現されていると思いますよ。
絵って、魂なのでしょうかねぇ・・・
パッション、ソウル・・・・
芸術家なのですね、それもまた、素晴らしい。

投稿: コングBA | 2006/03/25 13:23

そんな…そんなに言われると~~~(=o=)ポッ

投稿: MA$AYO | 2006/03/25 14:34

この記事へのコメントは終了しました。

« 指がこんなになっちゃいました | トップページ | バイクツーリング »