« 修理に出したタグホイヤー | トップページ | MASAYO’sHISTORY »

室井佑月と神林広恵(敬称略)

僕はその性格上自分の全てを相手に投げ出すと言う事が出来ない。

例えば人を好きなったとして相手に全てを投げ出し相手の人生が自分の人生になってしまう事など考えられない。

まず自分という人格があって、自分の人生があって、その上でさまざまな人の人生と重なり合う部分がある。

その重なる部分には学校の先生だったり友人だったりブログ仲間だったり愛する人だったりする。

なかには妻であったり子供であったりもする。近所の八百屋のおじさんや魚屋のおばさんとも小さくではあるが重なる部分がある。

その重なる部分が大きいほど自分の人生に影響を受ける割合が高いと言う事だ。それでも決して自分が他人にすっぽり包み込まれてしまう事なんてありえない。

そこは神林女史のブログで言うユヅキ姉さんの意見に限りなく近い。円を二つ書いてというところ、俺は円のところはセックスの話ではなく男との話だと理解した

あくまで「己」があって「他」がある。その「他」が自分の全てを飲み込んだりする事は絶対に無いしあってはならない。

室井佑月という女性は魅力的だ。と言っても僕が知ってる室井佑月はテレビに出ている目じりにちょっぴりある小じわと、笑うととっとこハム太郎の可愛い目になる室井佑月しか知らない。

テレビに出ている室井佑月は彼女の何%を晒しているのだろうか、もしかしたら全くの別人格を演技しているのかもしれない…たぶんそういう器用さは無いだろうが…

結論を言うと僕は室井佑月の何をも知らないのだ。

そういう人に対しこちらが盲目的に「信者」になりえる事はなく、そういう「信者的」存在はビジネス的にはOKかもしれないが室井佑月個人としてはある種の「ストーカー的気持ち悪さ」を感じるのではないだろうかそうでないと本は売れないのだろうが

神林広恵は何を書くにもデータ不足だ。

でも「噂の真相」でかなりやばい事を16年もやってきたと言う事は、かなり腹が据わった女性だとも思える。

その彼女が自分の円がすっぽり男の円の中に入ってしまう室井佑月の話を否定しないところに彼女の危うさを感じてしまう。

限りなく強い女と限りなく弱い女、その矛盾する人格が彼女の中でどう整合されているのか興味がある。

もしかしたら彼女の中の人格は少しずつではあるが壊れて行きつつあるのかもしれない

別の言い方をすると強い女で右へ振れ過ぎた針を弱い女である事で左へ振り戻してバランスを取っているのかとも思ってしまう

この二人、本人達は反発しあってるみたいだが男の俺から見ると「なんか似てるなあ」と思ってしまう。これはたぶん怒るな

こう書くと「ケケケMASAYOというわけのわからないおっさんが、わけのわからない事言ってるぜ、ケッ」と言われてしまうのだろうか…

それはそれで言われて見たい気がする←ああ、だから390X氏に「熱い室井佑月」信者と言われてしまうのか

|

« 修理に出したタグホイヤー | トップページ | MASAYO’sHISTORY »

コメント

信者ではなくてストーカーだったんですね(笑)

今頃気がつきましたが、MA$AYOさん女王様の本を読んだことはありますか(・・?

作家として捉えてる私とはちょっと違うみたいですね(^^ゞ

投稿: 390X | 2006/04/15 18:49

>390Xさま
そうですね、390Xさんと僕はユヅキ姉さんを見る視線の位置が違いますね、どっちが正しいとか間違いとか言うのではなくネ

僕は彼女を「今は本を書く事によって収入を得ている女性」と認識してます。
=「じゃあ作家ジャン」と言われればそれまでですが、もし彼女が絵を描く事によって収入を得られたなら画家になると思います。
彼女は今、とりあえず一番性にあって収入も得られる仕事をしているのだと思ってます。

作家活動は彼女にとってそれほど重要ではないのでは…と僕は勝手にそう思ってます。
結果として彼女の書く小説が世間に広く受け入れられ「売れっ子女流作家」としてのバリューがそれ以外の仕事に影響を与えテレビでも人気があるのだと思ってます。

僕自身彼女をはじめて認識したのは一昨年の「とくダネ」以来です。
通り一遍のコメントを言うコメンテーターに混ざって一人「ホンネ」をいう室井佑月という人にスカッとして興味を持ちました。
そして去年「電車男」に関連して「オタク」達をぶった切りましたよね、その事でも一種の爽快感を感じました。

いわゆる彼女は「オトコマエ」なんでしょう。その「オトコマエ」さが僕には魅力を感じます。

室井佑月の本は一応読んだ事ありますよ、手元に今無いのですが、女子高生が主人公の作品です。
一冊読んだぐらいではなんともいえないのですが、正直わかりにくかったですね、ストーリーは最後まで一気に読ませましたが主人公と僕自身の思考の回路が違いすぎて…

これを姉さんが読んだら怒るんだろうなあ、「あたしの本を読まない奴があたしの批評などするな!!ヴォケ」ぐらい言われるかもしれない

でもまあ記事についたコメントまでは読むこと無いだろ

投稿: MA$AYO | 2006/04/15 20:15

ウズウズしてます(o´・∀・`o)アヒャ♪

MA$AYOさんのコメント、コピして記事をUPして女王様にトラバしてバラシたい誘惑にかられてます(。-∀-)ニヒ♪

だいたいの認識の差がわかりました(⌒‐⌒)

タレントから入ったんですね?

言いかえれば作家であることも含めた「その人間性」が好きになったというか?

私みたいに視野が狭くない、とても大きな見かたをしてますね。

とても真似できそうにありません(;,;´_ゝ`;□ヾ(・ω・`。) フキフキ

投稿: 390X | 2006/04/15 20:47

でもあくまで僕の思い込みです。

投稿: MA$AYO | 2006/04/15 21:02

こんにちはー。あたしのブログにもリンクを貼らせていただきました♪超機械オンチでPCにも不慣れなのですごい時間かかってしまいました(笑)これからも仲良くしてください~。

投稿: もちゃこ | 2006/04/17 16:11

>もちゃこさま
こちらこそよろしく~

5月7日行くんでしょ?

投稿: MA$AYO | 2006/04/17 16:59

はいー。行くつもりですよ(^▽^)

投稿: もちゃこ | 2006/04/19 16:24

僕もいくつもりですのでよろしく

投稿: MA$AYO | 2006/04/19 17:08

tgxciwsu

投稿: alimta | 2006/04/29 04:03

MA$AYO殿、スパムコメント持っていきます。
警告用記事、急遽UPします。

昨日帰宅してから2回スパムコメントが入ってました。
自分の所だけかと思ったので削除しちゃったので、すみません_(._.)_

投稿: 390X | 2006/04/29 07:26

>390Xさま

このスパム ウザイです

投稿: MA$AYO | 2006/04/29 08:34

この記事へのコメントは終了しました。

« 修理に出したタグホイヤー | トップページ | MASAYO’sHISTORY »