« 温水洗浄便座 | トップページ | ラーメンの話 »

ネコに限らず

僕は、ほとんどの人と同じように基本的に生き物は殺さない

別に自分が慈愛にあふれた人間だと言うつもりはまったく無い

僕が生まれて初めて意識して動物を殺したのは2歳か3歳の時の毛虫だった

なぜかその時の事は鮮明に覚えている

アパートに小さな庭がついていて、そこを身体を屈伸指せて歩く(?)毛虫を下駄で踏みつけ殺した

毛虫は動かなくなり体から緑色の体液を出して死んだ

僕は一つの生命を奪った罪悪…は感じなかったが漠然と「無」と言うことを知った

それ以来面白がって生き物を殺す事はしない

もちろんゴキブリやハエ、蚊は自分に危害を加えるので殺す

だが少なくともハスの葉の上でただ居るだけのカエルに石をぶつけて殺すような事はしない

人間は面白半分で石を投げるがそれに当たったカエルはこの上なく厳粛に死ぬのだ

ネットの一部で坂東真砂子さんのネコ殺しについてかまびすしいが、僕はその現場を見てないのでなんともいえない、本当に殺したのかただのネタなのか

ただ、子供を取り上げられた母ネコの子を捜しつづける姿はみた事があるのでその場面を想像するだけで胸が痛む

鬼子母神の話を思い出してしまった

|

« 温水洗浄便座 | トップページ | ラーメンの話 »

コメント

坂東真砂子さんのネコ殺しについて~新聞にも書いてあって・・・とても、ビックリしました。わたしは犬と一緒に暮らしているし、メリーは子を産むことは無かったけれど。
飼い犬の発情期は飼い主がコントロールすることになるので本能とはまったく別なんです。年二回の発情期には散歩も控えます。
真砂子さんは飼い猫の本能(性に対する)を押さえることはしたくない だから・・・。
そう書いてらしたと思う。子を育てるのも本能だと思うのですが違うの? とても哀しいきもちになりました。


投稿: teru | 2006/09/02 00:01

僕はあの方の記事は読んでなくて又聞きなのですが
もし本当だとしたら矛盾を感じます
産むのを制限する権利は確かに人間には無いけど殺す権利も無いでしょ
もっと言うと権利とか義務とか以前の問題で「殺したくない」でしょ
昔、子供を処分された母ネコがいつまでもいつまでも子供を捜してました
「ナ~オ、ナ~オ」という子供を呼ぶ時の声がいつまでも聞こえてました
可哀想でならなかったです

野良猫は迷惑な存在ですが野良猫が闊歩する町って僕は好きです

投稿: MA$AYO | 2006/09/02 00:36

私はYhooニュースで見出しみて…
毎日新聞の記事を読んだの。↓

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060824-00000019-mai-soci

>「避妊手術も、生まれてすぐの子猫を殺すことも同じことだ」との趣旨の主張---

>子猫が生まれると自宅隣のがけ下に放り投げていることを明らかにした。

とても信じがたい記事でした。
生まれた命の芽をつむなんて…


投稿: たこ坊主 | 2006/09/02 23:21

ホントなのかな~?

普通の神経では出来ないでしょ

ましてやその事を仕事のエッセイで書くなんて…

ネタじゃないのかなあ、と言うよりネタであって欲しいです

投稿: MA$AYO | 2006/09/03 00:13

テンプレート変えたんですねぇ~
カッコいいけど 
MASAYOさんの顔がなくって寂しいよ。

投稿: teru | 2006/09/03 23:26

うわぁ~\(◎o◎)/!
ものすごいイメチェン☆
一瞬間違えて飛んできたのかと思った~
以前と全然雰囲気違うのね♪

投稿: たこ坊主 | 2006/09/03 23:44

>teruちゃん
僕の顔…う~ん…あれは僕の顔とはとても言えないしなあ~(~~)

>タコちゃん
一年以上前のレイアウト使ってたからね

たまには雰囲気変えようと思って…
でも黒は基調でね


投稿: MA$AYO | 2006/09/04 09:14

この記事へのコメントは終了しました。

« 温水洗浄便座 | トップページ | ラーメンの話 »