« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

ご案内

 

 

半熟Revolution

この度、絵を描く友人と作品の販売用ブログを作りました

友人の作品のデータ化が出来ず、今のところ僕の作品しか展示できてないのですがその内仲間も作品数も増えてくるだろうと思います

けっして肩をはらず、『なにげなく絵を飾る』って事が出来たらいいなあ~

一度覗いてみて下さい

追記

友人の作品のデータ一覧を展示しました

 

 

| | コメント (0)

神奈川県地方

只今雷がなっております(午後三時)

実は僕雷が好きです(笑)

ガラガラガラ~・・・・・・ドド~~~ン

なんて鳴るとスキットします

でもそんな音は遠くの雷

すぐ近くに落ちると

ガラ・・バッキ~ン

という金属音がします(過去に2~3度経験アリ)

そんな時、びっくりはするけど肩のコリが抜けるような爽快感を憶えます

稲妻なんか見られたりすると思わず願い事を唱えます

 

やっぱり変か?

 

| | コメント (16)

ちょっとセクシー

Yukata  

 

 

 

 

 

 

ひさしぶりに描いたセクシーイラスト…

…欲求不満か?

 

 

| | コメント (8)

蛇と寝るのは…

久しぶりに姐さんにトラックバックなのだ

最近息子さんにせがまれて『ポチ』と言う名のペットを飼いはじめたらしい

ポチは犬ではない、もちろんネコでもなく、錦蛇なのだそうだ

錦蛇…へびヘビ~~~????

よりによってなんでヘビなのか?

飼う人の自由なので何も言えないがヘビって病原菌持ってないのかな?

昔流行った『ミドリガメ』はサルモネラ菌を持っているので飼うのは止めましょう見たいな事があった

寄生虫を持つ動物もいる。

そういうペットにキスして寄生虫が体内に入り重篤な症状になることもあるらしい

ヘビは大丈夫なのかな?

どんな動物であれ飼っていると情が移るらしく姐さんも最初の頃ほどは嫌ではなくなったらしい

でもニシキヘビは30年ぐらい生きる

当然かなり巨大化するだろう…で、ちょっと調べたらボールパイソンは2.5mぐらいになるそうだ

大蛇と言うほどではないがやはりかなり大きい、さらに肉食ときてる

間違っても『ポチどこ行った~?』ってことの無いようにしてくれ

マンションの住人の『ウチのハムスターが逃げちゃったの』なんて声が聞こえたらポチを疑うことをお勧めする

そして天寿を全うさせてやってね

30歳を過ぎた息子さんと60ん才の姐さんがポチを看取る光景を想像してしまい

チョットほほえましくなってしまった

ところでボールパイソンも脱皮するのかな?

ヘビの脱皮した皮は金運を上げるって言われてるのでちょっと欲しい気もする

 

 

| | コメント (10)

初めての体験…

…といってもバトンのこと…

390Xさんからお勧めがありましたので初チャレンジ

● 相手の年齢上限下限、どこまで大丈夫?

あまり年齢は問わないな~

18歳でも老婆のような人がいるし、70歳でも若者のような人がいるし…

 

●理想は年下、タメ、年上?

上の理由と絡むけど好きになったら60才でも70才でもOKだし、下は法律に触れない限りOK…

現実的にはチョイ年下かな

 

●好きな異性の有名人を心ゆくまで書いてみてください

相沢紗世…知らんか(^^)

西川史子…テレビと現実のギャップが好き

大原麗子…古!!

杉本彩…SEXYなのに料理上手…

丸川珠代…テレ朝のアナウンサーめっちゃ頭が良いです

基本的に頭の良い人が好きです(勉強が出来るとかそういったことではなく物事がちゃんと見える人)

 

●こうなりたい!とあこがれる同姓の有名人は?

男はやっぱり『高倉健』です

 

●恋愛は尽くす方?尽くされる方?

尽くされたい方です

 

●デートするなら割り勘は当たり前?

自分が有る時は出すし、無い時は出してもらう…

と言うよりそんなに金のかかるデートをするのは年に2~3回でしょ

 

●彼氏、彼女がいたら合コンなんてありえない?

合コンなんてやったことありませんが、彼女に行かれるとあまり良い気持ちはしないですね、だから自分も行きません(興味ないし)

 

●恋愛のために頑張れる事は?

ダイエット(ダイエットが先か恋愛が先かはおいといて)

 

●恋愛で相手に求めるものは?

包容力

 

●理想のデートプランは?

バイクでタンデム、小旅行

 

●『恋愛には○○が大事』○○に入るのは?
(2文字じゃなくてOK)

腹八分目

 

●彼氏、彼女は自分より学歴が上と下どっちがいい?

どちらかと言えば上、こだわらないけどね

 

●失恋したら聴くのは明るい曲?それともどん底まで堕ちる曲?

風呂で布施明の『君の歌が聞こえる』と『カルチェラタンの雪』を熱唱

 

●友達の彼氏、彼女を好きになったらどうする?

まずそんな事にはならないが、なった時は心を押し殺すでしょうね

 

●告白は自分からする?

する…かな?…誰もしてくれないから…

 

●今、ぶっちゃけ気になる人っている?

ひ・み・つ・・・←バカ?

 

●好きな色は

ダークな色

 

●ケータイの色は?

 

●あなたの心の色は

どんより空のねずみ色

 

●次の6つに合う人を選んでバトンを回してください。

それはカンベンね(^^)

See you

 

| | コメント (6)

リア・ディゾンさん

この人、日本人好みの美人ですね~

でも、何してる人なの?

Leah_dizon

| | コメント (1)

こんなの作ったよ~

teruちゃんの記事から作りました

Cat_people  

 

 

 

 

でも、元々の写真はどこかのサイトの写真…

こんな風に使っていいのかな~?

と言いながら更にこんなの作りました

Catpeople2  

 

 

 

 

まあ、個人で楽しんでるだけなので別にいいでしょ・・・←お前が言うな!!!

フレームは『百均』の2L版用アクリルフレーム…もちろん100円

『無印良品』だともうチョット良いフレームがあります。500円ぐらいかな

どうせならもっと良いフレーム使えと言う声が聞こえてきそうですが以前このフレームを10枚ほどまとめ買いしてたもんで、それを使いました

 

 

| | コメント (4)

右傾化する日本・・・?

憲法改正のための国民投票法案がもうすぐ可決される

安倍首相は『憲法記念日』あたりを目処に可決させたいらしい

自民党、民主党が大まかな部分で合意してるのでよほどのことが無い(民主党がギリギリになって反対しない)限り可決されるだろう

一強(自民党&公明党)、一弱(民主党)、四蚊帳の外(社民党、共産党、国民新党、新党大地)の四蚊帳の外各党の意見を聞くと

投票率30%で過半数をとってもそれは国民の20%程でしかなく、そのたった20%で国民の信任を得たと判断していいのか…そういう論調だつまり投票をしない人は全て反対だと仮定してるわけですね

別の言い方をすれば、有権者の過半数なんてどう考えても取れない事を見込んで反対し実質この法案を有名無実化しようとしてるんでしょ

100人の有権者の過半数は51人、でも帳票率が70%だった場合72.8%の賛成を得ないと否決され、投票率50%以下だったら全員が賛成しても否決されてしまうのだ

つまり否決するための投票法を作って憲法改正をさせないようにしようとしてるとしか思えない

さらに規定の投票率を設けそれに達しない場合再投票させようと言うらしい

国民投票を実施すると1000億に近い費用がかかるのだが、その費用は国民の税金からまかなわれ、地方にもそのツケは回され、財政破綻の夕張市でさえそれから逃れる事は出来ない

そもそも憲法改正は『悪』なのか?

憲法第9条は究極の憲法だと思う

これは守られるべきだし侵略戦争をしない国家としての存在は全ての国から支持されるだろう

でも終戦直後の当時と現在ではあまりにも事情が違う

当時の日本はボロボロで国民の何割かはホームレス状態だったのだ

そんな国が今日の夕食を心配しなければならない国民が『国際貢献』なんて口にするのもおこがましく、国際貢献など頭の片隅にも無かったのだ

それが60年経ち現在の日本の経済力を持つに至って世界の悲劇に知らん顔は出来なくなった

イラク派遣でも『イラク特措法』というイレギュラーな法律を作りそれを可能にした

でもそれはあくまでイレギュラーなのでイレギュラーな法律を何度も使う事は出来ない。もし何度も使ったら根本の法律の存在意義が失われてしまう

野党のある党首は『国際貢献が必要なときは憲法の解釈によってそれを成すべき』などと言ってるが、その度に議題を提出し衆参二院を通りはじめて可決と言う手順を踏まなければならない

その間にも当事国では民間人が銃弾に倒れ、乳の出ない母の腕の中で赤ちゃんが死んでいるのだ

20年ほど前にも憲法改正がマスコミを賑わせた

社会党の当時の党首土井たか子が『山が動いた』と言った頃でマドンナ議員が持て囃された頃だ

確か売上税反対をスローガンに当選したのだが当選したマドンナ議員自身がメディアのインタビューの『今の直間比率について…』と言う質問にほとんど答えられず

あるマドンナ議員は『クロヨンとかトウゴウサンといろいろ言われてますが』などとトンチンカンな返答をしてた

※直間比率は直接税と間接税の比率の話、クロヨンと言うのは9・6・4、トウゴサンは10・5・3という収入に対しサラリーマンはガラス張りで完全に把握され、商売人は半分ほどしか把握されてなくて農家はさらに把握されてないという不公平な税管理制度を指した言葉

さらに彼女らの戦争反対の論調は『自分の息子を戦地にやっていいのか』と言うもので『他所の国の息子は戦地にやってもいいの?』と思った人は少なくいないはずだ

防衛庁が防衛省に格上げされ日本の右傾化を心配する声があるが今の日本に2.26事件が起こる土壌はなく、シビリアンコントロールが成された国で戦前のように軍が勝手に突き進むなんて事はありえないのだ

また自衛隊に敵基地を組織的に攻撃する能力は無くネットでかまびすしい『核保有』も現実的に無理だ

※核兵器に必要なウラン235、プルトニウム239があり、今の科学能力があれば技術的には簡単に作れるが、そのためにはかなり大掛かりな設備が必要で、さらに実験をするとなると国土の狭い日本では無理でどうしても臨界前核実験になる

さらにもし日本が核実験を行った場合『良識のある国』がそれを行ったと言うことで北朝鮮が核実験を行ったことより遥かに大きな影響を世界に与えてしまい、持つことのメリットとデメリットを考えると持たずにその分を通常兵器やMDにつぎ込んだ方が得策

敵基地攻撃について言えば今の自衛隊のF15Jには対地、対艦攻撃能力は取り外され『専守防衛』に特化している

大戦末期に活躍した三四三航空隊の紫電改のように敵航空機に対してしか攻撃力を持たないのだ

そんな歪な軍しか持たない日本に『侵略戦争』を起こす能力があるはずも無く、ことさらに右傾化と騒ぐのはどう考えても別の思惑があるとしか思えない

政治家は信念ではなく金で動くと言うのはよく言われるが、とりもなおさずそれはその信念を金で買う人がいると言うことに他ならない

ある政党の女性党首は『戦争を起こさないために隣国との話し合いを』という『それでも攻めてきたら』と切り返すと『それでも話し合いを』という。

仕舞いには『軍備を持つから攻めて来られ、まず話し合いをするのが必要で軍備はその後』なんて言い出した

大戦末期に日本侵略を決め着々と準備をするソ連に戦争講和の仲介を頼みに行った時と同じある種滑稽な姿を髣髴させる

僕は使う使わないは別でしっかりとした軍備を持つべきと考える

専守防衛に攻撃型空母は必要かどうかは判らないが2~3万トン級の多目的空母はあってもいいと思う

国際貢献による派遣時、万が一難民を収容しなければならなくなった時や物資を運ぶ必要があった時、また有事に海上司令室として機能するような、攻撃、防衛だけでなく人道支援にも対応できる艦艇

※2万トン級では一般の艦載機の着艦や離艦は不可能、ヘリコプター、VTOL、ティルトローター機しか使用できない

但し潜水艦は原子力化するべき、今のディーゼル&バッテリー機関ではどうしても作戦行動の隠密性に無理があり、その能力を出し切れない

日本には5隻のイージス艦(イージス艦とはイージスシステムを持った艦艇の意、日本の艦艇は実質駆逐艦)があり来春もう一隻が就航する

名前は『こんごう』『きりしま』『みょうこう』『ちょうかい』以上こんごう型、『あたご』『あしがら(来春就航)』以上あたご型

自衛隊の艦艇にはほとんど旧海軍に存在した艦艇の名前をつけている

『こんごう』は『戦艦金剛』、『みょうこう』は『重巡妙高』、『あしがら』も『重巡足柄』と言う先代がいる

新しいイージス艦の名前を決める時、ある旧海軍の象徴的な名前が候補に挙がったらしいが次期尚早ということで『あたご』になったという(ちなみに『あたご』も『重巡愛宕』という先代がいた)

旧海軍の象徴的な名前とはおそらく『やまと(大和)』だろう

僕自身『やまと』はつけなくて正解だと思う、大戦時『大和』は象徴的ではあったが戦艦長門や榛名、扶桑、霧島、のほうが活躍したし、重巡の方が戦闘時の貢献度は高かったと思う

さらに『やまと』には悲劇的なイメージがあり、『海上自衛隊』にはそぐわないように思う

日本の右傾化を心配する左翼やことさらに中国、韓国を排斥する右翼、彼らは言ってる事は対立してるがその結果は本人達が望む正反対の答えが出ているように思う

韓国や中国が『反日』を叫び、そして一部メディアが土下座報道をすればするほど日本のナショナリズムは首をもたげ、右翼の国粋的表現を耳にすればするほど日本人のバランス感覚が『それは違うぞ』と反発を持たれるのだ

※文中幾つかの瑕疵があるかもしれませんがご容赦を

| | コメント (0)

史子先生

何枚目かの西川史子さんです

今までで一番似てないか…

Ayako_1

 

 

 

 

 

 

 

でも…もうちょっと美人に描きたかったな…

ってことで、チョット描きなおし

Ayako_slimb     

 

 

 

 

 

 

チョット細面にしました(^v^)

 

| | コメント (6)

黒谷友香さん

黒谷友香さんです

特別『とびっきりの美人』と言うのではないのですが

すごく魅力があります

あるシチュエーションではすごく妖艶な感じにも変貌しますねKurotani_tomoka_2

| | コメント (4)

癒されるCM

森永のCMで好きなのがある

もしかしたら関東限定かもしれない

----------------------------------

○ 寝室 夜

赤ちゃんにおっぱいを飲ませてるママ

そこにお姉ちゃんが来る。ちょっと赤ちゃん帰りしてるのかもしれない

台詞は一切無いがママの「おいで」と言う仕草

赤ちゃんはおっぱいを飲み続ける

ママに寄り添うお姉ちゃん

ママは赤ちゃんにおっぱいを飲ませながらお姉ちゃんの肩を優しく抱く

----------------------------------

たったそれだけのCMなのに見ていると心がす~~~っと静まっていくのを感じる

見ている者が切なくなるほど優しいCMだ

赤ちゃんがおっぱいを飲むのをかなりきわどいところまで映してるのだが、あの画面を見ていやらしい想像をする人はかなり病んでると思うので精神科に行くことをお勧めする

ただ、惜しむらくは…何のCMだったのかが思い出せない…

| | コメント (8)

男たちの大和

今テレ朝でやってます

正直な感想を言うとあまりにくだらなくて『中居正広の黒薔薇』にチャンネルを変えてしまったドラマはイマイチだったがゲームは面白かった

断っておくが大和と共に沈んだ3000有余の英霊のことをくだらないといっているのではない

この映画がくだらなすぎるのだ

別の言い方をすればこの映画は彼らをエンターメイント化し金儲けに使ってるとしか思えない

日本の戦争映画の幾つかの作品にはすばらしいものがあるがこの映画はおそらく最低に属すると思う

※『人間の条件』とか『戦争と人間』とか…

アメリカ映画の『パールハーバー』もくだらなかったがくだらなさにおいては引けを取らない

まず時代考証、出征する息子に母親が道の真ん中で『死んだらあかん』というシーンや大和が出撃するのを一少女が知っていること

当時の『となり組』と言うのは「お隣どうし助け合いましょ」と言うのは建前で陰険な密告社会だった事は周知の事実

たとえそれが田舎であっても誰が特高や警察にチクルかわかったもんじゃない、例え心の中では無事を祈っても『お国のために立派に…』と言うのが普通

細かいこと上げればきりが無いが日本の最近の戦争映画に根本的に欠けている事は事実は描いても背景を描けてないということだと思う

大和の戦争シーンは悲惨で悲愴で…そしてちょっとカッコ良く見えてしまう

でも直援機もなく沖縄へ向かう作戦(菊水作戦)を決行した海軍上層部の無能とか『捷一号作戦』時艦艇を無くすことを極度に恐れる現場指揮官達

勝利目前にした栗田艦隊のUターン

その前のソロモン海戦でも結局のところ艦艇を失うのを恐れた艦隊司令が早々と輸送を諦め戦術では互角でありながら戦略的には大敗してしまった

結果戦力の逐次投入という軍として作戦として絶対にやってはいけないことをやってしまったためガタルカナルの悲劇がその後に生まれる

陸軍は陸軍で現在なら子供向けのゲームでもやらない『インパール作戦』で超大敗北を喫しながら結局現場に責任転嫁

悲劇を描くにはその悲劇の背景も描かないと薄っぺらなものになります

『神風特別攻撃隊』や『回天特別攻撃隊』さらに沖縄戦の『ひめゆり部隊』とかドラマチックな史実は映像になりやすいかもしれないけど、ガタルカナルの戦死5000名、餓え死に15000名の事は映画にはならない

先日沖縄戦で民間人への軍部からの自決の強要は無いという判断が下されたけど、もちろん牛島中将が民間人も自決しろなんて言う筈が無く、末端の一部の軍人が自分の死に民間人を巻き添えにしたのだろうと言う事は充分に推察できる

沖縄戦で泣き声がアメリカ兵に聞かれると銃剣で殺された赤ちゃん一人ひとりは誰が取り上げてくれるのだろう…なんて思ってしまった

更に『学徒動員』も悲劇として扱われる

でも彼らは戦地では士官又は士官候補生だったのだ。つまり初戦でありながら部下がいたらしい(もちろん指揮を取るわけではないが)

実戦経験の無い士官ほど手に負えないものは無いと言う

いわゆるビビッテしまった人は考えることを隊のベテランや先任士官に預けてしまうのでまだ良い方で、変に指揮権を振り回し無茶な命令を出す輩もいたらしい

軍は上官の命令は絶対なのでむざむざ殺されるためだけに命令に従った一兵卒もかなりの数に上ると思う

それでも雨の神宮の閲兵式のニュースフィルムは悲劇として捉えられている

『男たちの大和』に唯一良いシーンがあった

生き残った水兵が戦友の母親にその死を報告をしたとき

『一人だけようおめおめ帰ってこれたな』

というシーン

あのシーンだけは秀逸だと思う、母親の怒りとか悲しみがない交ぜになって言わせた言葉なんだろう。

あの場面で『あんただけでも無事でよかったね』なんて思うはずが無いし『息子はお国のために立派に戦ったのだから』なんて言う母親はたぶん皆無だと思う

でも翌日和解するシーンは必要ないと思うけどね

何の映画かは忘れたが戦後無事帰ってきた息子に母親が言う台詞

『アメリカさんが勝ったとか日本が負けたとか、そんなん何も関係あれへん、勝ったアメリカの軍人さんかて骨になって帰ったら負けや、片腕のうても、片足のうても生きて帰ってきたら勝ちや』

と言うのに記憶がある

細部は違っているかもしれないし映画なのかドラマなのかも定かではない

でもすごく印象に残った台詞だ

 

 

| | コメント (0)

ウチくる?

飯島愛さんが今日の番組で完全に引退ですね

『ウチくる』は今まで見たこと無かったのですが愛さんの最終出演ってことで見ました

今日は特別バージョンだったらしく愛さんの思い出シーンの総集編でしたね

「眉毛太っ」のバブルの頃の映像からイロモノ歌手の時代(ちょっと痛いかな)とか小生意気な女時代…いろんなタイプの愛さんが見られました

面白かったです

Iijima_aisan

一部の『AV上がりの女が芸能界引退するぐらいで何騒ぐことがあるのか』という意見も決して間違ってはいないと思うのだけど

『別にいいんじゃない、そんな事に目くじらを立てるほどのことでもないでしょ』という気持ちの方が強い

せちがらい芸能界、一週間もすれば誰も彼女のことを口にする事は無いでしょう

何はともあれ、何か計画をしてるのだったらキチンと身体を治して取り組めばいいと思いますね

因みに飯島愛の後釜は…西川史子か?…いや彼女はAVに出てたわけじゃないから及川奈央さんかな?

| | コメント (6)

ピッカピッカの一年生

室井佑月さんのご子息が小学校入学らしい

まずはおめでとうございま~~す

いっぱい友達作っていっぱい遊んでいっぱい勉強して強い男になって欲しい

彼が僕の歳になる頃日本は、世界はどんなになってるんだろう…なんて思ってしまった

50年前…

僕が四歳の頃、母は離婚し朝から晩まで働いていた

すぐ上の姉の入学式に長姉が付き添い、僕も一緒に行った

入学式の写真に母の姿は無く姉と長姉と僕が他の児童に囲まれて写っている

少々ユーモラスではあるのだがその写真には当時の日本が背景にある

神戸の東に位置するその小学校は立地的に変わっていて

凄いお金持ちと僕のような限りなく貧民に近い暮らしの家庭の子が混ざって勉強していた

時々赤ちゃんをおんぶして登校する児童が居ると思えば遅刻しそうだといって学校の近くまで車で送ってくる親もいた(当時車を持っている家なんて超がつくほどのお金持ち)

今の格差社会など比じゃないぐらいの格差が小学校の中にあった

でも赤ちゃんをおんぶして登校する子をバカにする人は居なかったし、赤ちゃんがぐずりだしても『勉強の邪魔』などと言って騒ぐ親も居なかった時代だ

もちろん高度成長につれそういう貧民のような児童も居なくなるのだが、それでも全国の工事現場を親についてまわる子供もいた

実名を出すと『花本修』という同級生が居た

何故40年以上前のそれも半年ほど一緒に机を並べただけの名前を覚えているかと言うと彼が転校して来て紹介された時『サイダーと呼んでください』と言ったからだ

『花本修』→『かぽんしゅう』→『カポン…シュ~』でサイダーと言うらしい

クラスでそのネタは少なからずウケタ

特別人気者になったわけではないが転校の初日から少なくともみんなと話をする事は出来た

度々転校する彼がその中で考え出した彼なりの『つかみ』だったのだろう

彼とは帰る方向が一緒で毎日のように一緒に帰った

虚弱体質だった僕と違って彼は運動は得意だった

泣き虫だった僕と違って彼は決して涙を見せなかった

勉強が出来ない僕と違って彼は…いや…やっぱり勉強は出来なかった

でもある日些細な事で彼と喧嘩をした

たぶん原因はブランコを替わってくれなかったとか、そういうたわいの無いことだったと思う

子供は変に頑固なところがあり、それ以来口を利かなくなり次第に疎遠になってしまった

そしてある休み明け(たしか冬休み明け)彼の姿が無かった

担任の先生は『花本君は父親の仕事の関係で冬休みの間に転校しました』と短く伝えクラスの誰も彼が転校した事を残念がる様子は無かった

そして僕自身「ああ、転校したんや」で済んでしまったのだ

人生の黄昏に差し掛かると過去の思いが沈殿している澱のように感じる時がある

あの時、あの諍いがあった次の日、例え謝らなくても素直に声をかけていれば彼との繋がりはもっと違ったものになってたかもしれない

それは小さな悔いとなって心に残り、時折小さな悲しみとなって記憶の表面に現れるのだ

 

 

| | コメント (4)

20万円のステーキ

最近グルメ番組が増えてきたように思う

20万円のステーキと言うのがバラエティ番組で出ていてそれが8切れほどにカットされ一切れ2万5千円もする

それを出演者が食べ「美味い」を連発する

「一切れ2万5千円の肉が不味くてどうする」と思うがそこはバラエティのお約束なんだろう

六本木に店を出すカリスマ的なシェフの手によるものらしい

数千万円する牛のわずかしか取れない部位なのでそれぐらいするらしい

いったいこんなもの誰が食べるの?と思うが、それは下々の世界に住む僕の狭小な考えで食べている人は食べているんだろう

僕が食べた事がある最上の肉は食品会社の精肉部門で働いていた友人に分けてもらった100g3000円ほど(友人は値段を言わなかったが「うちにある肉で一番良い肉」と言ってたので後で調べるとその値があった)の肉で、それでも文字通りほっぺが落ちそうになるほど美味かった。

もちろんトリュフもなければ凝ったデミソースもなく、付け合せはポテトとニンジンの甘く煮たもの、スープはトマトベースのミネストローネモドキ、それでもメッチャメチャ美味かった

先の一切れ2万5千円のステーキがあの肉の10倍美味いとは思えない

そもそも一切れ2万5千円のステーキを食べる必要があるのか?

もちろん店を維持したりステータスを高めるためある程度の価格は仕方がないのかもしれないがあまりに常識とかけ離れすぎてないか

『美味しんぼ』というグルメマンガがある

無農薬有機栽培野菜やブロイラではない鶏肉、抗生物質を含まない餌で育てられた鶏が産んだ卵…そういったものを使って『究極のメニュー』というのを作り『至高のメニュー』と対決すると言うストーリーだ

食材だけでなく塩、水、といったものにまでこだわってメニューを完成させる

読んでいて面白いのだが少々腹が立ってくる

確かにそういう食品、食材が流通すれば良いと思うが、それって一般の人が気軽に買えるものか?まずどこに売ってるの?一見が行って売ってくれるの?値段は?

言い換えれば貧乏人は発ガン性物質が入ってるかもしれない食材を買い、金持ちはそういう食材を買えって言う事か?なんて思う僕は少々ひねくれ者か

別のマンガで『シェフ』というのがある

これは『流れ板』の洋食版みたいなもので味沢という腕のいいシェフがホテルやレストランに短期で契約し、5万円のコースも作れば800円のランチも作るという、その店にあったメニューで貢献すると言う話

その中で憶えてるのは、ある小さな町のレストラン、それなりに客は入ってるのだが繁盛と言うほどではない

その店のメニューを味沢が考える事になるのだがいかんせん単価から逆算するとそう良い食材はつかえない

そこで合い挽きを使ったコロッケをメニューに加え揚げ方など技術的なことをアドバイスする

店主の「ソースはやはり何かオリジナルを…」と言う言葉に「市販のウスターソースで良いでしょう」と言って店を後にする

同じグルメマンガでも視点が全く反対で面白い

そういえばファッションにも同じ事が言えるかも

先日ダウンタウンの番組で出演者の持ち物価格というのをやっていた

スペシャルの時の定番コーナーらしい

バッグが20万とか靴が30万とか、腕時計が80万とか言っていた

まあそのぐらいならちょっとこだわる人にはあたりまえかもしれないが1千万を超えるってどうなの?

例のあの姉妹は今回は妹一人で出てたけど一億円の指輪とか数百万のコート、靴も良く憶えてないが100万ぐらいしたのじゃないか

それからいくとパンツも10万ぐらいするのかな?

まさかパンツだけ西友の3枚1000円ってことはないだろう

腹の調子が悪くウ○チの切れが悪い時もあるだろう、そんな時パンツにウ○チが付いてしまったらそのパンツどうするのだろうなんて貧乏くさいことを心配してしまった

そもそもテレビ番組に出るために2億近いものを身に付ける必要ってあるの?

もっと深読みすると「本当にその指輪一億もするの?一億の指輪ってガードマンがつくんじゃないの」

まあどうでも良いけどね(笑)

僕はバブルの頃、買うスーツはデザイナーズブランドスーツだった。

似合わないのにアルマーニも持ってたし、ミラショーンも持ってた。

いいスーツを着ると自分がカッコよくなると錯覚したし、実際着心地も良かった

でも30万のスーツを着て自分を良く見せるんじゃなく2万円のスーツでも自分が着ると30万のスーツに見えるようにならなきゃ、なんて思うようになってブランド物からは完全に卒業した

もっともそれ以上の原因として全てのスーツがサイズ的に入らなくなったせいなのだけど…

| | コメント (3)

飯島愛さん引退

飯島愛さんが3月31日で引退したそうです

でも収録済みの番組があるのでもうしばらく画面には出るみたいですね

まだ40歳にもならない人でしょ、潔い人ですね~

飯島愛さんって凄く人気があるっていうわけでもないけど嫌いな人って少ないんじゃないかな~

僕自身大好きなタレントって言うわけじゃないけど見ていて面白い人だな~というか安心して見ていられるタレントさんでした

引退は残念です

でも、あるメディアで彼女の病気の一般的な原因を羅列しているのだがその中に『SEXのし過ぎによる影響』みたいなことを書かれていた

文章としてはさりげなさを装ってはいるのだが読む人が読めば『あ~やっぱりね~』と思うようにリードさせる悪意に満ち満ちた文章だった

それだけが原因じゃないだろうけどそういう業界にいる事が嫌になったんじゃないのかなあ…なんて思ってしまった

彼女の場合AV出身でTVタレントとしてスタートした時は『色物タレント』の扱いだったのだと思う、その分しなくてもいい嫌な思いもしたのではないだろうか

今日のサンジャポで

『タレントでいるには歌って踊れて板(舞台)に上がれて…そういうのが何もないとこれから生き残れない、私みたいなのは若い子とかがいっぱいいる』

と言うようなことを言ってましたね

そこはちょっと違うんじゃない?と思うんだけどね

『存在感』ってその人の技量や外見、年齢で決まるもんじゃないと僕は思ってる

美人だから女優になれるものでもないし歌が上手いから曲が売れるわけでもない

もちろんベースとなるものは必要だけどそのベースって100人100様100通りのベースがある。

そのベースがその人の雰囲気をかもし出し、それを「いいなあ」と思う人がファンになり受入れられない人はスルーする

別にことさらに「僕は君の雰囲気は嫌い」なんて言うこともないし言う必要もない、芸能人カテの掲示板で『だれそれが嫌いな人集まれ』みたいなのをよく目にするがそんな事を言う必要があるのか?と思ってしまう

書かれたタレントさんはそんな事気にもしないだろう、むしろ書かれる事にほくそえんでるかもしれない、50%しか当たらない天気予報は誰も見ないが、30%しか当たらない天気予報の方は頼りにするのだ

飯島愛さんのベースがなんなのかはたぶん本人にもわからないのだろうけど、あの雰囲気と笑いのツボとツッコミとマジトークは多くの人に受入れられていたのだ。

だから彼女の替わりになる人はいない『飯島愛』に『第2飯島愛』はないのだ

 

 

| | コメント (3)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »