« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

『愛してるよ バトン』

teruちゃんから回ってきました

呼ばれて飛び出てジャジャジャ~ンってことで…

○次に回す人…ん~…交流がないので居ない…390X氏とユヅキ姐さんとかがやってくれるとうれしいかな

○本名

井○昌世…MASAYOは本名から

○年齢

『仮面の忍者赤影』じゃなく『伊賀の影丸』がリアルな世代

もちろんテレビじゃなく少年サンデーでね

○好きな絵文字

(*^v^*)/ ←これ可愛いと思いません

○今までで買った高価なもの

プリンタ?…あバイクか400ccの…

でも現在も持ってる中ではプリンタ…畳一畳ほどの…

○好きな動物の鳴き声

ネコ…文字通りネコ撫ぜ声ですね

○冷水風呂に入った時の反応

ビクッ…う…ううう…   …って、死ぬわ!!!

○赤を連想するキャラは

赤い彗星のシャア

○回す人の存在

ん~~~~どなたでもやってみてくださ~い

| | コメント (8)

あら~~~?

Rittaishi teruちゃんの絵です

でも…ちょっと違います

画像をクリックして大きな画像を出たら

それを画面から40~60センチ離れてじ~っとみつめてください

さあ~どうなる

コツとしては画面を見ながら目の焦点をその向こうにあわせてみてください

見え始めは二人の間にもう一人現れるはずです

そのまま見つづけると…あ~ら不思議…でもないけど…

| | コメント (16)

レクイエムはいらない

死を選んだ人を目前にした時、ある者は嘆き、ある者は驚き、そしてある者は嘲笑う

死を選んだ者はその後の彼らの表情を知ることなくただ無意識の中で幾つかの後悔と共に眠りつづけ、そしていつか誰からも忘れ去られる

残った者は忘れ去るまでの短い時間の中で、彼の絶望をあきらかにすることが忌まわしさを逃れるすべであるかのように死の原因を探る

人は富が無いからといって死を選ぶ事は無く、明日の米が無いから死を選ぶのだ

人は愛されないから死を選ぶのではなく、愛することに疲れて死を選ぶのだ

人は夢が叶わないから死を選ぶのではなく、夢を見られなくなって死を選ぶのだ

ましてや人は孤独だから死を選ぶのではない、死は究極の孤独なのだから

だが残った人よ判ってくれ、僕は全てを愛し全てを大切に思っていたのだ

あえて言うなら僕は僕自身を愛せなかったのかもしれない

今にして思えばそれが僕の極めつけの不幸だったのかもしれない

そんな不幸と共に生きた僕の魂をいまさら鎮めようとはしないでくれ

そんな優しさは心地よい死への誘いの不協和音でしかないのだ

だから僕の死にレクイエムはいらない

ただひたすらに眠らせてくれ

|

夏の仕事がそろそろ

忙しくなり始めます

ブログの更新もちょっとおろそかになるかもしれません

でも必ず毎日チェックはしますのでよろしく

Hue_grant_1

| | コメント (5)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »