« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

大雨・雷・避雷針

昨日こちらは大雨で雷もすごかったです

大雨は困るけど僕が帰る時には小雨になり駅まで車で送ってもらったので電車に乗るまでの被害は無かった

ところが途中、車内のアナウンスで『○○駅の信号機に落雷があり』で電車は二つ手前の駅で止まってしまった

しばらく待ったが動く気配が無いのでかなり遠回りになるが振り替え輸送の路線を使うことにした(この振り替え輸送という言い方はなんとかならないのか?なんか荷物扱いされてるようで不愉快に感じる)

AからBへ行くのにCとDというかなり離れた地点を通って帰る上、電車自体がまともに動いてないのでかなり遅くなった

さらに駅に止めている自転車を取りに行くためにさらに歩くはめに…

結局いつもなら9時には着いているはずが12時前になってやっと帰り着いた

幸い今日が休みなのでゆっくり寝られたがとんでもない一日だった

それにしても雷が落ちたぐらいで何時間も電車が止まるなんてO急の危機意識の無さにいつもながらあきれてしまう

そういえば数年前に大雪が降った時、O急は翌日のダイヤまで影響があったがKO電鉄は新宿の帰られない人のために増発したことがある

しっかりしろよO急!!!

 

 

| | コメント (4)

ノッポおじさんの脳内

 Nounai_1  

 

 

 

 

 

 

 

今流行ってる脳内メーカー・・・なんちゃってちょっと古いか(笑)

なにしろしばらくネットが出来なかったもんで

で、僕の脳内・・・病んでる?それとも正常?

 

| | コメント (5)

PCのLANボードが故障

で、しばらくネットが出来ませんでした(TT)

Penelope_cruz_2  

 

 

 

 

 

 

Terumi2008  

 

 

 

 

来年のカレンダーです

まだ完成じゃないけど一応こんなカンジ

  

| | コメント (4)

許せない!!!

まずこの文章を読んでください

「その加害者の人に、その、死の恐怖を味あわせるという気持ちで、あれですかね、私は、○○さんが本当に幸せというか、納得できるとはちょっと思えないんですね。むしろそういう悪いことをした子ども達は、それなりの事情があってそういうことになったんだろうと思いますけど・・・」

この台詞はある番組で民主党の議員がお子さんを理不尽に殺された母親に言った台詞です(○○さんは母親の苗字が入ってます)

番組のテーマは『少年法を廃止します』というマニフェストの是か非かを議論する番組

この台詞を聞いて思い出すのはオウム事件の時、どこかの知識人と思しき人が『サリンを撒いた彼らも被害者』と言う台詞

今となっては誰が言ったのか僕に調べる術はないが当時腹の底から怒りがこみ上げたのを憶えている

人を殺した者は決して、どんな理由があろうと被害者ではなくまぎれも無く加害者だ

ただ事件の背景で、その罪を犯した人に情状が酌量されるか、もっと言えば正当防衛に当たるかを警察や検察が調べ、起訴したり不起訴になったりする

少なくとも政治家がバラエティとはいえテレビの前で加害者も被害者などと言うような発言は軽々しくするべきではない

女性をレイプしながら頭骸骨の形が変わるほど殴り続け、挙句の果てに首を絞めて殺害し、土に埋めて犯罪の隠蔽を図る犯人のどこにどんな事情があるのだろう

この民主党の議員もどこやらの人権派弁護士もこの日本をどうしたいと思ってるんだろう

人を殺しても罪に問われない国にしようとでも思ってるのだろうか

我が子を殺された母親にあのような発現をする者が僕の選挙区だったら間違っても彼には投票しないし、彼の発言になんらペナルティを課さない所属する政党にも間違っても僕は投票しない

あの発言は現在の日本の治安を危うくするという所で久間前防衛大臣の『原爆』『しょうがない』発言以上の問題を含んだ発言だと思う

※久間氏の発言はマスコミの偏った取り扱いで歪められて報道されてます

久間氏は『原爆を落とされ無差別爆撃で何十万何百万もの人が亡くなった。でもそれを今、謝罪だ賠償だとことさらに言ってもしょうがない』と言ったんだと思います 決して『日本は原爆を落とされてもしょうがない』なんて言ってません

明らかにマスコミの文言の切り取りによる恣意的な誤った報道だと僕は思ってます

まあ久間氏自身今まで問題発言が多すぎましたからね~

  

| | コメント (2)

ホットドッグ早食いって

以前にも書いたが僕はお茶漬けをガツガツ食べるCMが嫌いだ

制作側はそういう映像に『男っぽさ』を出したつもりかもしれないが『食べるもの』に対する感謝が微塵にも感じられないし、健康で食べられることへの感謝も感じられない

別にバラエティ番組で食べるものを粗末に扱うことについてとやかく言うような、重箱の隅をつつくようなことではなく、もっと大きく『食べ物』と言うものを捕らえた観点から見て不愉快に感じる

※バラエティの、例えばケーキ投げはよく見たらわかるが生クリームだけをぶつけてます。たぶん砂糖も入れてないバラエティ専用のケーキなのでしょう。『それも食べ物でしょう…』と突っ込まれる方もおられるかもしれませんが…

で本題

アメリカでホットドッグの早食いをニュースでやってた

6連覇した日本人が7連覇ならず残念…という論調だった

彼は63個食べ、自己記録を更新したらしいが、新チャンピオンは69個食べたらしい

食べるところの映像を見るとまさにガツガツと餓鬼のような食べ方だ…(と言っても餓鬼が食べてるところを見たことがあるわけではないが)

見ていて不愉快になった

別に世界には一日12000人の餓死者がいるのに、などと言うつもりはない

二人合わせて130個やそこらのホットドッグが貧困国の助けになるとは思えないし、それを言うと昔行われた『アングロサクソンの自己満足的援助』(造語だよ)を思い出してしまう

食べ物は、例えばレストランなら材料の仕入れをし、調理をし、そしてテーブルに運ばれてくる

何人かの手を得て完成されて僕の前にあるのだ。もちろんライスがあれば農家の方の手も煩わせているし、器もやはりそれを作った人がいる

籠に乗る人担ぐ人、そのわらじを作る人…というわけでさまざまな人の絡み合いによって生活は成り立っているのだ

それをその最終利用者(つまり客)に玩具にされては立つ瀬がないだろう

また病気などで食べたくても食べられない人がいる

水分摂取を極端に制限されている例えば透析患者のベッドの横でペットボトルのジュースをがぶ飲みするような無神経さを感じてしまうのだ

 

ここまで書いてて気がついた

僕がこういうシニカル(ちょっとひねくれた)な記事を書くときは精神的にイライラしてる時だ

だからここまでにしておこう

でも大食いとか早食いの番組は見たくない…まあ見なきゃいいんだけど…

 

   

 

| | コメント (4)

自由が丘とART-METER

 

自由が丘に行ってきました

以前短い期間でしたが仕事で通ったことがあったのですが通勤途中で見るのとあらためて見るのとでは全く違ってました

Ekimae 駅前の女性像です

 作者もタイトルも不明…調べもしませんでした

 

  

 

Matinami_1

 小さな店が並んだ通り

 ちょっと小洒落た小物なんかがありそう

 

 

  

 Tealaunge_1  

 ティーラウンジですが…なんか敷居が高くて…

 でも一度入ってみたいな~~

 『TEA~~』と謳ってるので美味しい紅茶を飲ませてくれるのでしょう 

  

Kokasita_1  電車の高架下…う~んやっぱり自由が丘~

 でもこういうこだわり…実は好きです

 

 

 

Hearsaloon_1  許可も取らずに撮りました

 なんかお洒落~~~~

   

  

 

Bus

 走ってるバスまで、なんかお洒落~~~ ←こればっかり

   

 

   

 

自由が丘の土地が持つ歴史はわかりませんが、すごく古い…少々汚く…という言い方は御幣がありますね、建ててからの年月が見えてしまう住宅があると思えばこれでもかと言うような最新のビルが建ってたりします

でも六本木とかお台場の『訪問者の街』ではなく住人の息づかいが聞こえてきそうな町で始めて訪れた人もホット癒されるのではないでしょうか

 

そんな自由が丘の駅から数分歩いたところにARTーMETERというARTを扱うお店があります

Artmeter_f_1 店のシステムはサイトをご覧いただくとして、店内に入った第一印象

『こだわってるな~~~』

白を基調にさまざまな作品が展示されてますが、それらの一つ一つがきちんとレイアウトされているので預けた作品が大切に扱われているなあと、安心しました

 

Artmeter 店の前に人工芝を張ったスペースが大きくとられています。

商売を考えるとそこも店舗にしたいところですが扱うのがARTということもあり、かなり贅沢なスペースの使い方をしてます

店舗もARTという考えなのでしょう 

   

Artmeter1『一枚物』はビニールの袋に入れられハンガーにぶら下げられてます

角が折れないのでこの方法がベストでしょうね  

  

 

 

Artmeter2このブログを書いてて気づきました

『しまった!スタッフさんの写真を撮り忘れた!!』

右の方がスタッフさんです

作品の展示の仕方とかをいろいろアドバイスしていただきました

   

Artmeter3 油絵や『砂絵』もあるので作品の管理が大変なんだろうな~

  

 

 

 

Artmeter4やはり小さな作品に人気があるそうです

大きな作品は店で『いいな~』と思っても、いざ展示場所を考えると二の足を踏んでしまうのでしょうか 

 

 

 

Artmeter5これだけたくさんの作品を最近見たことがないのですごくイイ刺激になりました

WEBサイトで見るのと実際の作品を見るのとでは全く『カンジ』が違いますね 

 

 

    

Artmeter6  

 

 

 

  

 Artmeter7  

完成度が高く一筆ごとの作者さんの想いを感じました

CGで何度も描きなおして作品を仕上げる僕には筆による一発勝負で作品を描くなどとても出来ません(TT)

 

 

スタッフの方と絵についてお話をさせていただいたのですが

『僕の絵はトイレに飾ってほしい』というとちょっと笑われました…もしかしたら失笑を買ったのかな 

トイレってほとんどの人が朝一定の時間座ると思います

その時自分が好きな絵を見て一日の始まりの癒しになれば作者にとってはとても嬉しいことです 

 

Artmeter8 『砂絵』の作品です

なんともいえない色使いが柔かい作品に奥深さを与えてます 

大きな作品で仕上げるのに何時間かかったんでしょう~~~ 

 

  

Artmeter9掛け軸の作品は中国の方の作品です 

この方は作品を描く時、無音の状態で作品に集中し没頭するそうです

女性の表情が…恋してしまいそうです

アップを撮ったのですが上手く写ってませんでした(涙) 

  

Artmeter10  

 

 

 

  

Artmeter12店の前の番犬…じゃなく置物です  

 

 

 

 

Cat 店の前の番猫…じゃなく置物… 

 

 

 

 

Cat2 …かと思ったら本物でした…

『にゃ~~~~』

 

 

 

Cafeblosso1帰りにCAFE-BLOSSOでお茶してきました

以前アンナミラーズがあった所です

 

 

 

限りなく引きこもりに近い僕なのでたまには外出し刺激を受けなきゃと思いました

※ブログに展示した作品は一応スタッフさんに許可を得ましたが、もし不愉快に感じられましたらメールなりコメントなりでお知らせください 

   

 

 

 

   

| | コメント (13)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »