« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

貫地谷しほりさん

まあ、似てる似てないは別の話ね(*^^*)

Kanjiya_sihori  

 

 

 

 

貫地谷しほりさんです

スウィングガールでいい演技してましたね~

若手の中ではイチオシの女優さんです

| | コメント (0)

朝青龍騒動 その2

相撲は日本の国技…でも、横綱は二人ともモンゴル人で大関にも外国人力士

その事は別に悪くは無いと思うが、日本独特の精神主義ってどうなの?

タレントをやってる元力士が朝青龍の診断を聞いて『稽古で汗をかけばそんなもの治る』なんて無責任なことを言ってた

『無責任な事言うな~でも何十年も前に角界を去った人やからな~』なんて思ってたら、それに応ずるかのように協会の偉い人も同じようなことを言ってた

胃を悪くして入院してる人に好き嫌いを言わずなんでも食べなさいと言ってるようで時代錯誤的精神論を聞いてるようでいや~な気分になった

しばらくモンゴルへ帰してあげれば立ち直るんじゃないかな~なんと言ってもまだ26歳でしょ

2場所3場所休んだ横綱もいたよね、日本人力士には認められて外国人力士には認められないのか?

スポーツに『根性』は欠かせないけど、『根性』が全てに勝るもんではないよね 

そして『根性』は日本人独自のもんじゃなく、スポーツをする人全員が国籍人種性別を問わず持っているものだと思う

さらに言えばスポーツに限らずタレントや歌手や俳優、もっと言えばサラリーマンも蕎麦屋のオヤジも、主婦も『根性』がなければ勤まらない

なにもスポーツ選手だけに備わった、または備わなければならないものじゃない

北の湖理事長は当時を知る僕としてはすばらしい横綱だったと思う。だけどやはり古い体質の人なのかな~なんて今回の騒動見て思ってしまった

| | コメント (0)

相沢紗世さん

名前を言われてすぐにピンと来る人は少ないでしょうね

でもかなりたくさんのCMに出てます

化粧品、車、製菓、etcetc…

Tsubaki  

 

 

 

 

絵はツバキのCMの画像を元に描いたものです

似顔絵と言うよりイメージイラストに近いかな

 Tsubaki1 

 

   

 

 

 

で・・・完成です

で、印刷する時はこんなカンジで

Tsubaki2  

 

 

 

 

追記です

Sayo  

 

 

 

  

  

 

| | コメント (4)

神林女史のブログから

僕は人に温和な人間にどうやら思われているらしい

確かにめったに怒らないし怒声を上げることも無い

何かトラブルに見舞われても相手が素直に謝ったらそれ以上追求することも無い

でも、10年ほど前のことで思い出したことがある

仕事の帰りで急行電車に乗っていた

その電車はある駅から以東各駅停車に変わる

僕はその切り替えの次の駅で降りるのでそのまま乗っていたが、ある若い女性が僕の足を踏んだ

『あ、すみません』と言うか、いっそ気づかなかった振りをして行ってくれれば問題はなかったのだが僕の小さなリアクションを見て

まず僕の足元を見、次に僕の顔を見、そして一瞬眉間に皺を寄せ『フン!!』と言う表情で電車を降りようとした

さっき言ったとおり僕はめったに怒らない、怒らないが、でも怒った時には瞬間湯沸かし器になってしまう。ゼロから沸騰までが0.5秒もかからない

『ちょっと待てや』と言うと同時に相手の髪の毛をつかんでた

相手は小さく悲鳴を上げた

『お前人の足を踏んどいて※○▲%$#@~~~』言った事ははっきりとは覚えてないが『人の足を踏んだのだからひとこと「ごめんなさい」と言わなきゃいけないんじゃないですか』

と言う様なことを言ったと思うがその時は完全に関西弁でまくし立てた

女性は泣きそうな声で『ごめんなさい』と言ったので結局それ以上の問題にはならなかったが傍目には『関西弁のガラの悪いオッサンが若くか弱い女の子に絡んでる図』に映ったんだろう

電車が動き次の駅まで僕が危険なオッサンであるかのように周り1mほどの空間が出来、小さくヒソヒソ話も聞こえたりした

でも、悪いのはあの姉ちゃんや~~~!!!

  

 

| | コメント (4)

日本全国

暑~~~~~い!!!!

全国いたるところで40度を超えた。40.9度って観測史上最高らしい

40度って…ひどい風邪を引いた人数人に抱きつかれているのと同じってことか!?

それが○○ちゃんや□□ちゃんだったら嬉しいがそういうわけにも行くまい

家のエアコンは部屋に対してやや能力の大きいのをつけてるので28度設定でも充分に効く…エアコンはやや大きい目で省エネタイプを選びましょう

リモコンで室内の温度や湿度、それに外気温が判るのだが今日の朝九時半で35度もあった

僕がナメクジならとっくに死んでいるああナメクジでなくて良かった

ところで『熱中症』という病気?がある。

僕たちが子供の頃は『日射病』と言ってた

日射病は陽にあたらなければならないイメージがあるので熱中症というようになったらしい(詳しくは知らん)

と言う事で、熱中症は部屋の中でも起こす。締め切った部屋で空気が動かない状態の中にいると身体の中に熱がこもって症状が出るらしい

じゃあエアコンを効かせて部屋を冷やせばいいの?

ヒートショックという病気…じゃないな症状だな…がある

エアコンが効いて身体が冷えた状態で急に35度の外気温に当たると心臓に負担がかかりまれに死に至ることがあるらしい

便利で快適な世の中だが、これでいいのか?と思う時がある

原発の停止で電力不足が言われている

エアコンは28~29度設定で使いましょう

朝のテレビで『除湿をすると体感温度が下がって…』なんて言ってましたが、『再熱除湿(排熱リサイクル方式)』は通常の冷房より若干電気を必要とします

ここ2、3日のような時は設定温度を高めにして普通に冷房を使いましょう

 

 

| | コメント (6)

怖い話…

ずいぶんと前の話になる

友人の運転する車で高速を走っていた

時刻は真夜中を少し過ぎていただろうか

少し霧が出ていたが前方が見えにくいと言うほどではなかったがやや抑え目の時速80キロほどで走っていた。

前方に車はなくバックミラーには遥か後方にトラックらしいライトが見えた

たわいも無い話もネタ切れになった時黒い影が飛び出してきた

目がにらむようにこちらを向いた

真っ黒な猫だった

急ブレーキをかけたが間に合わず後部にドンと言う小さな感触があった

『ひいたかな』と言う友人の声が少し震えていた

車を路肩に止め調べたがその痕跡は無い

友人の顔に安堵の色が広がった

結局何も無かったことにしてそこを走り去った

しばらくすると走る車の横を真っ黒な猫が併走してる

声も出ない二人は息を呑んだ

スピードを上げ逃げるようにした僕たちはサービスエリアで落ち着くことにした

サービスエリアの進入路に入ると先ほどの真っ黒な猫がまた追いかけてきた

良く見るとなんと口に子猫を咥えている

さらに良く見ると…

ヤマト便のトラックだった

 

 

| | コメント (4)

八月十五日

毎年この日は戦争に関する記事を書く

やや右よりの考えを持つ僕だが戦争を肯定するつもりは無い

そもそも、『平和のために戦争をする』という絶対的な矛盾がそこにはある

ただ、歴史を見るとき一部の事実と全体の事実が必ずしも一致するものではないと思う

先日『従軍慰安婦』の問題がアメリカの下院で議決された

アメリカが『人道上の罪』なんてことを指摘することには片腹痛い思いがあるがなんと言っても戦勝国、勝てば官軍なんだろう

そもそも『従軍』慰安婦ってなんだ?

従軍記者というのは居る。軍と一緒に行動しその状況を後方に知らせる記者だ

従軍看護婦も居る。同じく負傷した兵士を治療看護する人だ

そのどちらもが弾が飛び交う最前線かそれに近いところでその職務に当たる

従軍慰安婦って…?弾が飛び交うところでSEXするのか?

安倍首相が広義だ狭義だといって話がややこしくなったがそもそも『従軍慰安婦』という言葉自体が矛盾をはらんでるんじゃないだろうか

これは20年ほど前、当時の社会党が自民党政権をおとしめるために作られた言葉だと聴いたことがある

そのために韓国や中国で元慰安婦だったと言う人を募ったらしい

それで韓国内で暴力的に連れ去られインドネシアで慰安婦にされたと言う人が2万人名乗り出た

当時インドネシアには3万~4万の日本兵が駐屯してたらしいが兵士4万人に対し慰安婦2万人って…どう考えても戦争どころじゃなくなってしまうだろう

それを聞いて『ああ、だから日本は負けたのか』なんて」不謹慎なことを思ってしまった

別の話で当時慰安婦は軍の高官より良い給料を貰ってたと言う話もある

それも疑わしい

当時海外では軍票というお金の代わりの手形のようなものが流通してた

日本が戦争に負けた時点で紙切れになってしまった

また、たとえ『円』で貰ってたとしても戦争が終わった直後の極端なインフレでそれまで一ヶ月生活できた金額が丼飯一杯の金額になってしまった

慰安婦として連れて行かれた人がゼロではないのはわかる

16歳やそこらで売られ、又は騙されてそういう苦界に身を落とされてしまった人への同情は禁じえない

が、それを政治に利用しプロパガンダに使う人たちへの嫌悪感が別のところで湧き上がる

サンフランシスコ講和条約や日韓条約で戦後の処理は国家間ではすでに済んでいる

だからもう関係ないというのではなくアジア女性基金(今年3月に終了)という別の形で苦難に会われた方への保障も考えられた

現に元慰安婦への償い金が支払われたが一部の国ではそれを受け取ることを拒否させるような組織がある

高齢の元慰安婦にとって日本円の100万円は人生の終末期に大きな援助になると思うが、それを受け取らせないように仕向けられている

アメリカの公聴会で涙を流した元慰安婦はおそらくその後援会の援助で不自由の無い暮らしをしてるのだろう

因みにこの女性言うことがコロコロ変わっているので話の信憑性に疑いがある

でもそれ以外の、声を上げない名も知らぬ人々は路傍の石となって歴史に捨て置かれてしまうのだ

日本政府は広義狭義などと言わずそういう人への援助救済はしてもいいのではないだろうか

ところで、慰安婦には当然日本人も居たはずだが日本人のそういう人からの声は一切聞かないし、中国人や台湾人から、ももちろん居る事は居るがあまり聞かない

インドネシアではそういう声が上がった時、時の首相(?)が諌めたと言う

そういうところにも民族的な違いがあるのかと思ってしまう

 

| | コメント (0)

朝青龍騒動

朝青龍騒動…う~ん…マスコミが無理やり『騒動』にしてるような気がするのは僕だけ~

横綱で優勝が現役最多…でも、26歳でしょ

一般で言うと大学を卒業し社会に出て4年目の年齢、社会ではべテランはおろか中堅社員とも呼ばれない年齢

そんな彼が仮病(?)でモンゴルへ帰りサッカーをしたと言って謹慎、それも軟禁といってもいいペナルティを下すのってどうなの?

高砂親方が何度も会いに行き説得を試みるって、何を説得してるのかわからないし朝青龍自身、何でこんなことになってるのか面食らってるんじゃないかな

相撲に限らずスポーツ、特に格闘技は勝ってナンボのところがある。いくら人間的に優れてても幕内と十両を行ったり来たりでは相手にされない

勝ち続けることによって幕内に定着し、三役に就き、最終的に綱を取るのが関取の夢であり目標だろう

朝青龍はそれを叶え横綱になり、横綱になった後も何度かの優勝をし、憎たらしいぐらいの強さを誇っている。

でも日本独特の観念『横綱の風格』が求められ、彼にそれが理解できているかは疑わしく思える

メジャーリーグの選手は表向きほとんど練習をしないが、試合でホームランを撃ち、相手のバッターを押さえ込めば評価される

でも、日本のスポーツ界ではチャンピオンに別の『王者の風格』を求める

一所懸命練習し自らを鍛える姿を求め、勝利を求め、さらに精神の高尚さを求める

いくら強くても練習をしないと認められず、練習しても勝たないと認められない

さらに、たとえその二つを満たしても人間的に優れていなければやはり認められない

人間的に優れた26歳って僕には少々気持ち悪く思える存在だが角界はそれを求める

それは横綱の品格を求めながら別のところでガキ扱いしてるように思えてしまう

そしてマスコミの対応、突っ込むところがあれば箸の上げ下ろしまで記事に書かれてしまいそうな雰囲気に朝青龍ならずともナーバスになってしまい、自分の部屋から一歩も出なくなってしまうのもわかる気がする

相撲をやろうと言う環境が年々少なくなるのに、協会が日本の国技と言う伝統に胡坐をかいてふんぞり返っていては日本の相撲は近年消滅してしまうだろう

 

 

因みに『関取』とは十両以上の相撲取りのことをいい給金が貰え、勝ち越すたびに給金直しがある。

幕下以下(幕下、序三段等)は力士養成員と言って個人への給金はなく部屋に与えられるが幕内以上の部屋頭やタニマチ(ファンクラブ?)が援助をする・・・らしい

 

| | コメント (2)

オラウータン以下?

どこやらの動物園の51歳のオラウータンが自分で袋を開けて薬を飲むらしい

レポーターが『人間の次に利口な・・・』と言ってたが、そのことで思い出した事がある

まだ高校生だった頃ひどい風邪を引き病院へ行って薬を貰ってきた

粉薬だったのでオブラートで包んで飲もうと思い一枚出して包んで飲んだのだが、

オブラートってこんなに飲みにくいものだったのかと思うほどに喉の通りが悪い

ふと残りのオブラートを見ると色が違う、手にとってみるとあきらかに材質も違う

どうやらオブラートの一番上に敷いている湿気を取るための和紙に包んで薬を飲んでしまったらしい

母親は『何やってるの!残りのオブラートが湿気てしまうやないの』と怒ったがそれは違うやろ!!

結局風邪はそれ以上ひどくなる事も無く治ったが今回のニュースを見て、俺はオラウータン以下だと言うことに、あれから35年以上経って気づいた

因みに和紙に包んだ薬…当時和式水洗だったので次の日しっかりと確認した

食事中の方ごめんなさい

| | コメント (4)

残暑見舞い

Zansho  

 

 

 

 

 

 

暑~~~~~い!!!!

ってことで残暑見舞いです~~~(今日立秋だよね)

| | コメント (8)

人への批判は書かない

そのつもりだったんですが今日のニュースを見て…

男の癖にメソメソ泣いてんじゃね~~よ!!!織田信成

酒気帯びでバイク乗って捕まって、会見開いてその席でポロポロ涙を流してお詫びと言い訳…

お前はガキか!!!自分がやったことぐらいきちんと釈明せんかい!!!

以前から競技の上でも何かにつけ涙を流すこの男、なんとなくイケ好かないと思ってたが今回のことでますます嫌いになった

協会の処分も一見厳しいみたいだが海外出場が5ヶ月、国内が3ヶ月の出場停止って12月の世界選手権代表を決める全日本選手権には出場させるっていう大甘な処分

結局メダルを取れそうな選手は罪を犯しても罪一等を減じるわけですな

選手もクソなら協会もクソだ

僕は人前で涙を流す男は信用できないと思っている

もちろん感動する映画を見たり哀しい情景を観ると涙を流す事はある

圧倒的な自然を前にしても無意識に涙が流れることがある

でも自分に関することでは決して人前では泣かないのが男だ!!!

男が人前で泣いていいのは親が死んだ時と財布を落とした時だけだと僕は思っている

 

こういうオッサン臭いことを書くと嫌われるとは思うがニュースを見て書かずに入られなかった

  

| | コメント (4)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »