« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

またまたまた西川史子さん

・・・のつもりだったんだけど

こうなると誰が誰なんだか・・・

Nishikawa_ayax_2  

 

 

 

 

 

 

今までは写真を元に描いてましたがこの作品は完全オリジナルです…だから似てないのか

やはり難しい~~~

 

絵を描く知り合いで色鉛筆を使って描いてる方がおられます

色鉛筆でここまで描けるのか…と、感動ものです

やはりモデルは芸能人で作品はあくまでも『練習』だそうです

やはり絵といえども肖像権は発生するらしく勝手に商売してはいけないらしいですね

でも、それは似ててこそで、僕のように似てない似顔絵はどうなるのかな~~~

まあ似顔絵(?)をお金にするつもりはありませんし買ってくれる人がいるとも思えませんが…

 

| | コメント (4)

またまた西川史子さん

ちょっとサービスでグラマラスに描きました

 

Ayako7  

 

 

 

 

 

 

『似顔絵』としてはあまり似てないんですが…

で…追加

Ayako8  

 

 

 

 

CGだから出来る描き方です

 

 

| | コメント (6)

なんか気持ち悪い

歌手の倖田くみさんの『羊水が腐る』発言の事

別に彼女が言った事が気持ち悪いんじゃなくそれを聞いた人の反応が気持ち悪い。もちろん彼女の発言もあまりお上品とはいえないけどね

これはラジオでの発言を聞き捉えたリスナーが問題提起(というほど大げさなものじゃないのかも)し、どこかの掲示板か何かで取り上げられたらしい

それを知ったマスコミがこれでもかと言うぐらいそのフレーズだけを何度も何度も流し、リアルタイムで聞いたわけでもない人がさらにネットで怒りをぶつけてる

僕は彼女の曲を全く知らないし、何で半分裸のような衣装で歌わなきゃならないのかも疑問を持っているぐらいなのでアンチとは言わないけどあまり好きな歌手ではない

でも今回の騒動はあきらかに作られた騒ぎのような気がする…「作られた」と言うのはちょっと違うか

どこかの番組でどこかのエライお医者さんをわざわざ呼んで『羊水は腐らない』なんて言ってた

思わず飲みかけていた爽健美茶を吹き出しそうになった…あの~~~問題はそこじゃないんじゃ~~~ 

今の時勢、何か事があると一斉にその人を叩く風潮がある

冷凍ギョーザに農薬が入ってると報道されると餃子だけじゃなく冷凍食品全ての売上が落ち、自家製ギョーザの店さえ敬遠されてしまう

ちょっとヒステリックすぎないか(もちろん農薬入りギョーザの事件は真相の究明をしっかりしなければならないけどね)

倖田くみさんの発言に少子化問題まで絡めて発言するテレビ番組にはだれも何も言わない

| | コメント (0)

ラテン系はお好き?

 

 ラテン系はお好き?

 動きの中の切り取ったような絵が描きたかったのですが…

 難しい~~~ 

  

Danceillust

| | コメント (5)

これでいいのか?

中国製のギョーザで農薬による中毒が発生…

中国側は『サンプルから成分は検出されない』と否定しているが中毒患者が出たのは事実なわけで必ずどこかに原因がある

『日本人は虚弱体質』なんて報道もなされていたみたいだがその意見には正直ほんの少し納得してしまう自分がなさけない

福田首相も『様子をみて対応を』なんてのんきな事を言ってる場合じゃない

事は『国民の生命に関わる事』

国家が一番守らなきゃいけないことに中国との歴史問題とか関係修復とかを絡めてはいけない

その対応を見てやっぱり福田さんではダメなんかな~なんて思ってしまう

*********************

中国製といえば家電を売ってて思うことがある

不良品発生率のことだ

もちろん日本のメジャーなメーカーも不良品の発生はある

だがその率が中国製は半端じゃない

10台売って半分以上返品交換した感がある(実際はもっとかも)

ある日同じ商品の返品を二人同時に受けた事がある

さらに交換した商品がさらに不良…さすがに客も笑ってしまって別の商品に替えた

ここでややこしいのは日本のメーカーや海外の有名メーカーも中国で作られていると言う事

オイルヒーターで有名な海外のメーカーも箱を見るとMADE in CHINA となってる

でもそういうメーカーの不良発生率は低い

あったとしても構造的な不良じゃなくキズとかの輸送時のトラブルがたまにあるぐらい

電気量販店は安さを求められ、どうしても価格競争になってしまうが安かろう悪かろうでは本末転倒じゃないのかな

関東地区に100店舗あったとして各店に月10個ずつ納品されたとするとそれだけで1000個の売上が立つ

スケールメリットで1個当たりの仕入れが安くなりその分お客に安く提供できるが、それは商品がちゃんとしててこそ大きな顔して『うちは良い物を安く提供してます』と言えるんじゃないかな

本部の商品担当がメーカーや商社からインセンティブを受けているかどうかなんて部外者の自分には窺い知る事は出来ない

でも考えて欲しい

一つの商品を高齢者に販売し、持って帰れないからと言って配送にする

それが不良品だった場合その方は返品に持ってくる事が出来ない

電話で問い合わせをしてくれて替わりの商品を持っていくか返金するかができればまだいい

中には何も言わず諦めてしまっている人もいると思う

商売人にとって一番怖いのは文句を言う客ではなく無言の客だと言うのを聞いた事がある

さらに、メジャーなメーカーの商品と見掛けはほとんど変わらず半分の値段がついている名も無いメーカー

そういうメーカーの商品が全て悪いなんていわないが、半分の値段には必ず何か理由があると言う事を消費者も知らなければいけない

量販店の在り方、消費者のあり方、さらにこの日本の在り方も曲がり角にきているのかもしれない

 

 

| | コメント (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »