« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

Rー1・・・う~~ん

内容はまあまあ面白かった・・・

僕的にはバカリズムが一番面白かったのだが笑いのツボは人それぞれ

誰がグランプリをとってもおかしくはない内容だったと思う

でも、審査員の採点に一貫性がなくM-1と比べると500万円もの賞金がかかっている割にはバラエティ要素が強すぎたと思う

シビアにかつ客観的に採点してたのは桂三枝さんぐらいでその三枝さんも堺正章さんや清水ミチコさんの付ける採点バブルに引きずられてしまっていたように思う

最初の演者のころは80点台があったのに終わりの頃は全員が90点以上というのではあまり公平な採点とはいえない

ゴールデンで放送するとどうしても「面白い内容」を求められてしまい芸人のネタ以外のところで視聴者をひきつけようとしてしまうのかな

コメントを求められても「いや~~面白かった」という画一的な、まるで「芸人モノマネ大会」でのようなコメントしかなされず、唯一三枝さんが技術的なことをほんの少し言うに留まってしまっていた

MCの雨上がり決死隊の二人もMCとして仕事をしてたのかはなはだ疑問

優香さんにいたってはいらんやろ・・・といっても絵的には「花」がいるからな~

おそらくブートからのディレクターの指示で動いてたのだろうだけど事前の打ち合わせがきちんとなされていたのだろうか

番組を見終わって去年のMー1と比べ、なんとなく釈然としない気持ちだけが残った今回のR-1だった

 

 

| | コメント (0)

安売りは善か?

もちろん人情として同じ買うなら安く買いたい、それは当たり前の感情だ

でも、あきらかに仕入れ金額を下回る金額

よく夕方のニュースで取り上げられる地域スーパーの極端な安売り

人参をビニールに入れ放題で100円とか、納豆3パック10円とか、本来なら公正取引委員会にあげられても仕方ないような値段で売っている

そう頻繁に行なうわけではないし不定期に行なわれるので実質取り締まる方法がないのかもしれない

店の経営者は「お客さんに喜んでもらえたら」と殊勝なことをいってるがその負担は必ずどこかがかぶらなければならない

契約農家かもしれないし、もしかしたらスーパーで働く従業員の給料にかかわってくるのかもしれない

あのニュースを見るたびなんか心の中がやるせない気持ちになるのは僕だけだろうか

適正な価格というのをもう一度見直すべきときじゃないのかな

  

一昔前に「価格破壊」という言葉がもてはやされた時がある

世の中、猫も杓子も安さを求めて安けりゃ良いみたいな風潮に支配された

10万のスーツと14800円のスーツが同じ次元で比べられた

細かい仕立てには目もくれず見た目だけで比べられた

  

ある地鶏業者が地鶏を1000円で売り出した

ちょっと高めだが美味しいのが噂になり飛ぶように売れた

それではと別の業者が900円で売り出し、やはり飛ぶように売れた

さらに別の業者が600円で売り出した

だが600円では採算が合わず他の業者は撤退しその業者だけが残った

その業者は採算を取るため少しずつ質を落として対応した

結局美味しい地鶏業者は無くなってしまった。

 

因みに先のスーツの話

僕は一時スーツにこだわった時があって、そこそこ良いスーツを持っていた

生地もよく仕立てもいいので「これなら大事に着れば長く着られる」と思っていた

でも、結局僕自身が太ってしまい全て入らなくなってしまいました

 

| | コメント (0)

大ボケ小ボケ

昔、食品関係の仕事をしてた頃の実話

頃は花見シーズン

客 お箸入れてください

売 おいくつ?

客 はたち

僕はもちろん並んでた客も一瞬の静けさのあと爆笑でした

 

で、別の話、これは比較的最近の話

店に在庫がなく在庫がある他店舗の紹介の話(ちなみに僕じゃないよ)

客 その○○電気の相模原店ってどう行けばいいの?

販売員 16号線をず~っと、ず~~っとず~~~っと橋本方面へ行って、と身振り手振りで説明

右手に高架橋みたいなのが見えたらそれは行き過ぎなんで・・・

周りの人が思わず「行き過ぎかい!!!」って突っ込んでました(心の中で)

 

さらに姉に聞いた話

姉は昔、保母さんになるべく実習をしてGWあけで子供たちがどうすごしたのかを聞いてた時の話

○○ちゃんはどうしてた?と順番に聞くと

遊園地へ行ってたのとか、パパとママとお買い物とか、公園でいっぱい遊んだとか

それぞれの家でそれぞれの過ごし方があるなあと思ってた時、ある男の子が急に泣き出した

○○君どうしたん?と聞くと

「僕に聞いてくれへん」と言う

ああ、ごめんごめん○○君どこへ行ったん?

「どこも行ってへん」

どないやね~~~~ん

| | コメント (0)

月下美人

今年二作目です

これまた完成ではありません

描いてて嫌になってしまって・・・

月下美人という花はもっと凛とした美しさがあるのですがそれが表現できません

Gekkabijin_2 

| | コメント (0)

SAPPHO

Sapho3 完成です

サッフォー・・・紀元前6世紀頃に実在した詩人ですね

彼女が遺した愛についての詩が頽廃的だとされキリスト教の隆盛とともに非難の的となり、さまざまな意図的な誤解が生まれました

彼女の出身レスボス島が同性愛者を表す言葉に使われたのも、彼女が作った女性だけの寄宿学校も歪めて伝えられてしまいました

だけどサッフォーって絵のようなイメージなのでそのまま描きました

| | コメント (0)

2009年の第一作目

「SAPHOO」Sapho Sapho2_2

未だ未完成です

何かものたりない

もう少し描き込んでから印刷します

こういう定番外のサイズで描くのは初めてですが

ちょっと面白いですね

 

ところで今年100作描くなんていってましたが

二月に入って今年一作目

それも未完

どうしましょ

追記

右が加筆した物です

| | コメント (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »