« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

我が心の阪神タイガース

で、なんと十数年ぶりに野球を見てきたのだ

阪神タイガース対横浜ベイスターズ・・・で、結果は

われらが阪神タイガースのダイナマイト打線・・・ならず脱線で完敗・・・

ま、勝負は時の運ということもある負けは負けで良い・・・良くないけど

それより久しぶりの球場は良かった

ボールがグラブに収まるときのパッシ~ンと言うのもこ気味いいしボールがバットにあたる音もいい

ただ幾分勝手が違ったのは応援が組織立っていること

選手それぞれの応援歌があるしそれも応援団の合図でピタッとやめる

十数年前は「オラオラ、何でそんな球が打てへんねんや、プロやめてまえ」という幾分柄の悪い応援だった(応援か?)

ゴミもみんなが処分し最後には紙くず等はほとんど(全くと言ってもいいぐらい)落ちてなかった

Kanemoto1 Toritani1 Traky1 Lukky  

われらがアニキも鳥谷も、当然新井も今日はさっぱりでした

|

T君に捧ぐ

少年は空を翔る夢を見た

だが彼の翼は空を自由に翔るにはあまりに脆く、未熟だった

回りは彼をいさめ、つつがない人生を送るよう薦めた

それが彼にとって何よりよい選択であることは彼にもわかっていた

でも彼はある日自分の翼で飛ぶことを選んだ

小さな後悔とそれに伴う恐れは空から見る景色で吹き飛び彼は初めて為す事の喜びを知った

雨も風も稲妻さえも彼は周りに楽しいともらした

彼の翼は次第に鍛えられ元の彼のひ弱な翼には見えなくなっていた

今日は山の高さを飛び、明日は橋の下をくぐった

宙返りも急降下も思いのままに思えた

翼は無理をした

翼はある日唐突に破局点を迎えた

  

彼がいなくなった空は今も変わらず風が舞う

ときおり木立がこすれあって音を出すのは彼を呼んでいるのかもしれない

ときおり強く吹くのは彼を探しているのかもしれない

ときおり降る雨はいなくなった彼のため空が涙しているのかもしれない

    

時の移ろいの中で彼のことは忘れ去られ、日々の営みは何の変哲もなく無為に過ぎる

だが空は知っているのだ かつて空を翔る夢を見た少年のことを

だが風は知っているのだ かつて風を友達に遊んだ少年のことを

だが稲妻は知っているのだ かつて稲妻さえも楽しんだ少年のことを

 

あえて僕は涙を流さずにいよう、短くも輝いた少年のために

涙は彼の輝きを曇らせてしまうような気がするから 

   

   

   

   

|

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »