« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

ドラマの話

僕はあまりドラマにはまる事は無いが、それでもいくつかのドラマにははまりにはまった

普段はまらないだけに一旦はまると手が付けられない

古いところでは73年の『雑居時代』と言うドラマ(過去に記事あり)

主演は石立鉄男、大原麗子…その二人の掛け合いがたまらなく面白い…が、もうすでにお二人とも故人となってしまった

最近…といっても10年ほど前は『トリック』にはまり、5年ほど前は『のだめカンタービレ』と『結婚できない男』にはまった

『トリック』は仲間由紀恵さんと阿部寛さんの出世作で『のだめ~』は 玉木宏さんと上野樹里さんを世に送り出した作品…だと僕は思ってる

上野樹里さんはすでに『スィングガール』で認められてましたけどね

ちなみに『スィングガール』は僕が日本映画を見るようになったきっかけの作品です

そして最近はまっているドラマが

『仁ーJIN』なのだ

一昨年の続編なのだが前回が謎を残して終わったので気になってずっと見ている

ある人は「ご都合主義のオンパレード」なんていうが僕は少々のご都合主義は大目に見るほうなんで気にならない

このドラマのオープニングがイイ

現在の風景を過去の風景にオーバーラップさせ歴史と言うか、時のとうとうとした流れを感じるオープニングだ

話がそれるが、子供の頃『樹齢2000年の年輪』みたいなものを見た記憶がある

樹齢2000年はおそらく天然記念物に指定されるだろうから見たのはおそらく作り物だろう

その巨大なバームクーヘンのような年輪の何箇所かに『大化の改新』とか『関が原の戦い』とか『明治維新』という小さな札がたくさん立てられていた

『明治維新』は中心からかなり離れた端っこの方でそれでも当時からすると100年ほど昔になる

僕はその説明を聞くわずか一分ほどの間に千数百年を旅をした気分になった

一人の人が生きる年数はこの年輪の数ミリ分の厚さしかなく当時の僕はさらにその1/10ほどの厚みでしかなかった

『仁ーJIN』を見ていると10歳の自分のそういう気分を思い出させてくれる

 

実はもう一つはまっているドラマがある

NHKが年末に放送する『坂の上の雲』(過去に記事あり)だ

なにしろ1シーズン4話が終わると一年待たなければならない

そして今年はいよいよ最終シーズン『日露開戦から日本海海戦』が放送される

楽しみである

 

そしてもう一本『マルモのおきて』と言うドラマがある

これを一度だけ見たのだが面白い!!!

だが…『仁ーJINー』の裏なのだ

仁が18%以上20%越え(初回は23%)をしてる中で12~13%を維持してるのは大健闘といっていい

ストーリーは往年の石立鉄男ファンなら判ると思うが平成版『パパと呼ばないで』だと思ってもらえばイイ

もちろん描き方は違うが米屋の二階に下宿が現在に合わないのでシチュエーションは変えている

そして子役が天才的に上手い

ちー坊の杉田かおるさんも天才的に上手い子役だった…ってことは芦田愛菜ちゃんの40年後は…ま、その頃僕はこの世にはいないからどうでも良いんですが

  

そしてここからはドラマに対してやや否定的な意見

2時間ドラマにありがちな過去の事件の復讐と言うテーマ

テレ朝の『最後の晩餐』というドラマがあった

出演者全ての人の演技は良かったと思う

佐藤浩市さんや成宮寛貴さんの演技は秀逸だった

でも…最後の最後に説得されて諦めてしまうのは…

なんか、ホントは全員いい人、お涙頂戴ドラマのような終わり方で釈然としない

もしかしたらBPOとかから何らかのお達しがあるのかもしれないが脚本家はもう一歩踏み込めないのかな

 

| | コメント (0)

日本と言う国の不幸

日本と言う国の不幸

自分が有能であると勘違いしてる無能な人が首相を勤めていること

花菱アチャコ風に言うなら(古)『もう~むちゃくちゃでござります~』と言った所か

福島の原発で海水注入について識者に意見を聞き『再臨界がおきる』と言われその検証もせずヒステリックに中止命令を出した

それをここになって言った言わないでその識者と揉め、結局『再臨界の可能性があると言った』とトーンダウンし両者痛みわけのナアナアで済ませている

そして現場の人が海水注入を中止すると危険な状況になると判断し海水注入を続けたらしい

そしてその現場の人は首相や東電の偉いさんの命令を無視したと言うことで処分されると言う

菅首相や東電の偉いさんは自分は処分されることが無いのでもうやりたい放題である

そこには福島の避難民や国民のことは眼中に無く自分の面子と地位を保ちたいと言うのが丸見えである

一歩控えて言うなら

もし本人にそんな意思は無く純粋に国民や被災民のことを憂いていたとしても国民の目に否定的に映ればそれが事実になる

そこでどんなに言い訳をしようと国民は聞く耳を持たない

今の菅首相と民主党はアフリカの独裁政権の国のように見えてしまう

自分たちは舞台上でああだこうだと楽しく演じているのだが国民はそれどころじゃなく観客席には誰もいない

  

  

-----------------------------------------------------

 

ある俳優が福島の放射線量の基準緩和に顔を晒して抗議したところ決まっていたドラマの仕事を降ろされたらしい

テレビ局にすれば東京電力という大スポンサー様に楯突く俳優は使えないと言うことだろう

胸糞が悪くなる…というより、もしそれが立証できるのなら法律に触れるんじゃないのか?

テレビ局は自分の都合の悪いことは絶対にニュースにしない

古い話で恐縮だが

昔、地震で学校の体育館に避難してた人のかろうじて持って出たなけなしの荷物をカメラクルーが蹴飛ばして中にいる人のインタビューをとると言う行為があった

もちろん凄い数のクレームがあったらしくそれ以降、被災者のインタビューは避難所の中では取らない様になったらしい

そういうといかにも自浄能力があるみたいだがテレビ局同士『まあ、お互いに相手の都合の悪いことをつつくような報道はやめましょう』というナアナアなのだ

ああ胸糞が悪い 

  

  

------------------------------------------------------

民主党がヤバイ(まあ、日本人にとっては良い事なのだが)

不信任案に賛成した議員には厳しい態度で挑むらしい…ってそんなことしたら民主党は空中分解だろうに(笑

横粂議員が離党したが彼は比例で当選したんじゃなかったっけ

だとしたら議員を辞職すべきなのだが辞職はしないらしい

なんとまあけじめがないというか、元々彼の能力には疑問があったのでどうでもいいんですが…

でもあんな奴でも年間2500万円の歳費(給与)とは別に事務費、秘書の費用その他諸々で数千万円のお金が税金から支払われるわけで…それを棒に振るような辞職はしないか

ああ胸くそ悪い、究極の給料泥棒ですな

ところで民主党…韓国の日本大使館に従軍慰安婦とその支援者と一緒になって石を投げてた人を法務大臣にしたり

頭数を得るために『小沢ガールズ』なるもので何の能力も無い人を議員にし、したらしたでその人達には何の発言もさせないといういわば飼い殺し状態

腹たたんのかな?…腹を立てる能力も無いか

小泉チルドレンも似たようなものだったがわずかながら議員としての意識を持った人がいた(今は下野してるけどね)

 

 

---------------------------------------------------- 

この国に議院内閣制はあわないのかもしれない

いっそ大統領制にしてはどうだろうか

首相は内閣の意見を取りまとめそれを実行する

いかにも日本的で協調的であるがその実行するまでにどんな案も各省庁の都合のいいように骨抜きにされてしまう

それでもとにかく法案を通さなければならないので首相ははんこを押さざるを得ないのだ

この国は国民より議員が強く、議員より官僚が強いのだ

こんな国ほかにあるか?

 

 

 

|

老人と言う年齢

そろそろ僕も『老人』と言う年齢に達する

気はまだまだ若いつもりであるが『今の若いものにはまだまだ負けない』なんて言いはじめると老人の域になるそうだ

かといって変に物分りのいいのもやはり老人の域になるらしい

どないせえっちゅうんや!!!

なんていうのもやっぱり老人らしい

 

ま、『老人』の定義はいろいろ有るだろうけど、そんな定義に関係なく身体が言うことを利かなくなってくる

先日の検査で尿酸値がかなり高い、それ以外の数値もやや悪い…つまり現実的に身体が年をとってきてるのだ

髪の毛を染めて白髪を隠しカッコいいオートバイに乗ってもじじいはじじいなのだ

元々肺に致命的な疾患を持ってるのであと生きれて15年ぐらい、下手をすると10年持たないかもしれない

人間の身体を車にたとえると肺はキャブレターに当たるのか?

ちゃんと空気を吸ってもそのうちの半分ぐらいしか活用されてないらしい

100mは走れるが400mは走れない身体なのだ

今住んでるのは賃貸のマンションだがその内働けなくなると家賃が払えず出て行かなくてはならなくなる

つまり僕の老後は真っ暗なのだ

  

そこで…将来を考えて安い古民家を考えている

どこか山奥で仙人のような生活をするのもイイかも知れない…俗世間にまみれ煩悩にまみれた僕にそんな生活ができるかは疑問だが

築100年という古民家が日本には数多くある

その造りは現在からすると贅沢の極みと言ってもいい

八寸角の柱、梁、なんと言っても広い土地…

でも設備は…電気やガス、水道は何とかなっているが下水が無い

そのためトイレはいわゆる『ぼっとんトイレ』なのだ

浄化槽をつければいいのだがかなりの設備費用がかかる

 

例えば三和土を簡単なカフェ風にし、その奥をアートな雑貨を置き店舗として活用するなんてことを考えている

商売になればいいがならなくても自分の生きがいになる

微々たる年金で10年を暮らさなければならないので何がしかの収入を得るか今の内にお金のかからない老後を計画し実行しなければならない

国は当てに出来ない

 










| | コメント (0)

白でも黒でも…

『白猫でも黒猫でもねずみを捕る猫がいい猫』

ト・ショウヘイの言葉です

 

 

今、東北で有名人が慰問、訪問し炊き出しを行ってます

たとえそれが売名的であろうとその行為はすばらしく良い事だと思います

 

杉良太郎さんや石原軍団の皆さんは阪神の震災や新潟の震災でも支援活動をし半ば恒常的にその態勢を備えていて、そこにはビジネスライクはあまり見えません

逆にあの支援態勢をわずか数日で整えることが凄い

 

でも・・・

ある女性歌手が『私たち(有名人)が来る事によって少しでも励みになれば…』なんて発言をしていた

彼女は被災者と握手をし『頑張りましょう』と言う言葉をかけ幾ばくかの食料を支援するるだけだ 

まあ…それでも被災者にとって『支援』にあたるだろう

一番酷いのは…これは正直笑ってしまったのだが

 

ある若い歌手

『被災者への応援を込めて作りました新曲、聞いてください』

し・・・新曲うううううう????

完全に震災を自分の金儲けに使ってるように見えるのは僕だけか?

 

震災時東北にいて実際に経験したサンドウィッチマンは『我々のできる事はお笑いしかないけど今はお笑いをする状況じゃない』といってお笑いとは別の行動で支援している

あの江頭2:50はサラ金に金を借りて支援物資を東北に持って行き正体がばれてはじめてマスコミに上がった

 

だがあるタレントは

ブログで何時いつここで支援活動をしますと報告しそのファンが関西や四国九州から押し寄せ交通渋滞を引き起こしている

支援活動を野外コンサートか何かと勘違いしてるのか

 

東北支援という冠をつければどんな事でもまかり通ってしまう

 

 

ただ…それでも何もしないよりはいい

お笑いタレントがコスプレで炊き出しをしようが、ここしばらくヒット曲に恵まれない歌手がアカペラで新曲を披露しようが…何もしないよりはいい

 

結果的に少しでも被災者を元気付けられればいい、

結果的に少しでも支援金が集まればいい、

結果的に被災地の子供たちに少しでも笑顔が戻ればいい

 

市井の片隅に住む僕はコンビニのおつり276円を募金箱に入れるぐらいしか出来ないが、もし1000万人の人がそれをしたら27億ものお金が集まる

   

塵でしかない僕の行為も積もれば山になるのだ

 

 

| | コメント (0)

人質になったわ・た・し

昔『おさかなになったわ・た・し』というCMがあったが今回はそんな幸せな状況ではない

 

首都圏以外の人には関係ないと映るかもしれないが間違いなく影響が有ると思う

東京電力の『値上げ』のことだ

あまりにも卑怯な言い回しで値上げを強制する姿に激しい憤りと胸くその悪さを感じる

一つは

『東京電力は、夏の電力需要のピーク時間帯に、電力料金を値上げする方向で検討を始めたことを明らかにした。
夏場に見込まれる電力需要が今後の節電効果を見込んでも最大5500万キロワット程度に達するのに対し、
東電の供給力は1000万キロワット前後不足する見通しとなっており、値上げによって需要を抑制する狙いがある。 』

これっておかしくないか

1000万KW不足するから値上げで需要抑制って…別の言い方をすれば1000万Kw不足しても収入を確保するためと言える

さらにアンケートで

『福島の被災者に対する支援のため値上げも仕方がないと思いますか?』

なんていうアンケートがなされている

これは福島の被災者を人質にとって企業の利益確保を狙っているとしか思えない

東京電力の経営陣は報酬の50%カットなんて言ってるがそれでも2000万~3000万の年収だ

当然この夏か秋には彼ら全員辞任するだろう

そしてその時数千万~億単位の退職金が支払われる(それも十数人に)

そのお金を確保するために値上げするという考え方も出来る

その時政権は『民間会社に対しその経営その他に介入は出来ない』なんて言うのだろう

東京電力の経営陣と菅政権(民主党)は電力確保と被災者支援という両刃の剣で首都圏に住む国民を人質にしている

 

因みに首都圏1000万世帯に均等に100円上乗せした場合単純計算で年120億の利益が確保できる

120億の利益はいくつかの原発推進事業に交付される10分の1~20分の1でしかない

つまり原発利権を全て無くせば値上げなど不要…というよりその何倍ものおつりが来る

地域の電力会社が何の競争もなく政官財癒着の構造の中でぬくぬくと甘い汁を吸い続け、いざ事が起こったら免責を言ったり、値上げを言うことを許してはならない

夏場の電力不足時に地域の工場の稼動を休止させるような電力会社はそもそもその存在価値が無い物として企業を解体しその設備は国が買い上げ国の管理の下で運営されるべき

-------------------------------------  

く菅首相が(首相と呼ぶのも腹立たしいが)『被災者のために暫定的に消費税率のアップ』なんて言っている

これは嘘だ!!!

間違いなくアップされてしまえばそれは恒常的なものになる

1%で2.5兆円×3=7.5兆円の税収を政府が手放すはずがない

そもそも3年後民主党が与党でいるかも怪しく、とりあえず目の前の利益確保を狙っているのだ

さらに、今のこの状況で消費財をアップさせようものなら日本の経済はさらに落ち込み、国内消費は壊滅的打撃を受ける

『一将功成りて万骨枯る』と言う言葉がある

このまま民主党が政権を持ち続けると民主党の議員たちは痩せ衰えた国民が見上げる天空の楽園で笑いながらワイングラスを傾けているのだろう

 

1

|

食中毒事件

ある焼肉屋で出されたユッケを食べて6歳の子二人と高齢の女性、そして中年の女性、全部で4人の人が亡くなった

さらに重篤な人がいて被害者はもっと増えるかもしれない

病原菌は昔猛威を振るったO-157の親戚のような大腸菌O-111だという

最初そのチェーン店のオーナーは強気に会見してたがいつからか気持ちが悪いほど低姿勢になった

張り上げていた声が泣き声に変わった

『あの言い方じゃあ反発買うよ』というような誰かの入れ知恵だろう

あの店に行った事はないがテレビタレントが誉めそやしてた記憶がある(もしかしたら他の店かもしれないが)

とにかく安い!一つのメニューが100円とか200円で高くても500円を超えないらしい

だがそんな値段でまともな肉が手に入るのか?

以前地鶏の記事を書いたことがある

1000円でおいしい地鶏を食べさせる店があった

だが近所に800円で同レベルの店が出来た

そのうち500円で地鶏を出す店が出来たがその頃になると最初の店は経営が立ち行かなくなり店を閉めてしまう

500円で地鶏を出す店は利益を出すために徐々に品質を落とさざるを得ず結局美味しい地鶏が食べられる店は無くなってしまった

この焼肉店もその典型なのかもしれない

人件費を下げるためにアルバイトを雇い衛生責任者の存在も定かではない

そのアルバイトが見よう見まねで生肉を盛り付ける

すし屋ならいっそ機械化してるか、ちゃんとした店だったらその板さんが追廻から段階を踏んで立て板になるという修行を乗り越えてきたプロだろう

プロならば自分のプライドの中でこれは出してはいけないと言う判断も出来る

だがアルバイトは目の前の仕事をこなすだけで衛生管理までには手が回らない

肉の血で汚れた布巾でまな板を拭き、包丁を拭く

一般の大腸菌郡は30分で倍になるのでその状況で6時間放置すれば100個の菌は…ええと…

とにかく凄い数になる(笑

1・2・4・8・16・32・64・128・256・512・1024・2048×100=204800個、完全に食中毒になる

さらにO-111、O-157はやっかいで数十個でも発病する場合がある(簡単に言うと腸壁に着床し腸壁を溶かしてしまう)

  

本部からは廃棄ロスについて厳しく言われ、本来なら捨てる部位を商品として提供していたと言う報道もある(真偽のほどは不明)

そもそも生食用牛肉と言うのは存在しないのだが業界の良心に任せて暗黙の了解で認められていたという

自治体の衛生局、厚生労働省の責任は大きい

 

そしてあえて言うなら

そもそも肉を生で食べる必要って有るのか?

それも6歳の子に食べさせる必要って・・・

僕自身生肉は受け付けないのでステーキでもミディアム以上できたらウェルダンぐらいに焼いて欲しい(店はウェルダンまで焼くと肉が硬くなるので嫌がります)

この店のユッケがいくらだったのか知らないが(サイトにはお詫び文が載ってリンクは切れてます)適正な価格だったのだろうか

 

 

|

また胸が痛むニュース

両親がパチンコに行ってその間にダンボールに入れていた生後九ヶ月の赤ちゃんが死んだ

 

なんど同じことを繰り返すんだろう

自分の子供だから何をしても許されると思っているのだろうか

自分の子供をたとえ自宅であってもダンボールに入れて放置すると言う行為が子に対する愛情だと思えるのだろうか

アメリカならスーパーの駐車場に留めた車に子供を残して買い物に行っただけでも児童虐待で逮捕されかなり重い罪になる

この日本では未だに虐待は『親として躾の一環』、車内放置は『起すのに忍びなくて』などと言う戯言がまかり通ってしまう

そして『子を亡くしたということで制裁を受けた』と言うような文言で書類送検ですんでしまう

厳罰化すればそれで良いと言う問題ではないが少なくとも情状で罪を減じると言う問題ではない

裁判官は市井の事情をもっと鑑み適正な判決を下さねばならない

--------------------------------------------------------

さらに一歩踏み込むなら、今のパチンコ事情ってどうなってるんだろう

かなり前に近所のパチンコ屋の車内放置の取り組みについて記事を書いたがもっと根幹の部分でパチンコ屋は有りなのか?

2兆円産業とか3兆円産業とか言われているが一般の全国展開のスーパーで2兆円の売り上げがあるとその売り上げの2兆だけでなく相乗効果としてその何倍も市場に活気を与える

駕籠に乗る人担ぐ人、そのまた草鞋を作る人…つまり一つの経済にはさまざまな人が係わり合いそれが経済に良い影響を与えるのだ

でもパチンコはその経済からはぐれた位置にある

客と店との間で玉を介してお金だけが行き来し、そしてほとんどの場合客が負け店が成り立つ

そこには客と胴元だけがいて駕籠を担ぐ人も草鞋を作る人もいない

そして、パチンコをする客層は年金生活者、生活保護受給者、低所得者、そしてそれぞれの層の高齢者が多い

つまり15万しかない月の生活費を20万に増やしたいと思いパチンコをするのだ

もちろん純粋なパチンコファンと言うのもいるだろう、巷に増えつつある1円パチンコなどは負けて3000円、勝って3000円というおよそギャンブルの範疇には入らない

でも、所詮はお金が絡む、1円パチンコでも熱くなれば万単位でつぎ込み、またパチンコ台もつぎ込ませるように射幸心をあおり、さも当たるかのような演出を施している

店の設定も有るのだろうが『激アツ』と言うのが出てもかからない時はかからない

350分の1と言う確立で当たりが出るとは言うが実際は3500回に10回、35000回に100回で、もしかしたら10000回目に最初の当たりが出てあと連続するのかもしれない

ここまで読んでいただいた方にはわかるだろうが僕自身パチンコをする

なにしろ家の近所に3軒もあるものだから誘惑は多い…

ただし打つのは1円パチンコ、3000円~5000円ぐらいまで、時間はお昼前に行って2時頃にはやめる

パチンコは庶民の娯楽などとほざく輩がいるが所詮たとえ1円でもギャンブルには違いない

その弊害を考えるならやはり児童の通学路周辺の新規出店は規制し台も射幸心をあおるような演出はやめるべき

因みに一番酷い演出は○○モード突入という当たりでもなんでもない演出に誘い込んで客に金をつぎ込ませるやりかた

さらに酷い台になるとそのモードになっただけで玉が出るわけでもないのに当たりがカウントされる(つまり350分の1を引き当てたことになる)

パチンコ産業はその利権に絡んで官僚や政治家が甘い汁を吸っているのだろう

あれだけ庶民のため国民のためと繰り返す民主党の議員でだれもパチンコの規制を言わないのはその甘い汁のおこぼれを頂戴してるからだろうしベテラン議員に遠慮してるからかもしれない

この夏は電力が足りなくなるかもしれないという、ならば東京都知事の言を借りるつもりはないがパチンコの台の一店舗あたりの稼働率を50%ぐらいに下げればいい

それでその店舗が潰れたところで近在の経済には何の影響もないだろう

 

|

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »