« 2013年10月 | トップページ | 2014年1月 »

有吉弘行が面白い

有吉弘行って…小生意気なガキと言うイメージだった

テレビの企画でヒッチハイクで海外へ行き一躍時の人(コンビ)になった

歌も出し、かなり売れた…らしい

・・・が、ある時期からさっぱりテレビで見なくなった

猿岩石というコンビ名さえ思い出せないぐらい記憶から消え去っていた

内Pと言う番組で『猫男爵』と言うキャラクターで見る程度だったが、ここへきて完全復活を遂げている

 

ある番組で彼が伸び悩む芸能人へのアドバイスをする企画がある

バラエティなので面白おかしくなのだが芯の部分で言ってることが的を射ている

先日グラビアアイドルが相談に来てた

『私は腰のラインがすごいんです』なんていってたが『見る人はそんなものに期待してない』の一言で終わっていた

グラビアアイドルは胸を強調し、ヒップを強調し、そして猫のポーズを男が求めていると思っているらしいが、男はそんなもの求めてない

もう一人のグラビアアイドル…そもそも20代後半でグラビアアイドルって…は過激さを求めるあまり水着の面積は小さくなり続け、最終的に水着ではなく布になったと言う

その時点で自分はすでにアイドルではなくなったと認識すべきなのだが、そのアイドルと言う響きにこだわり続けている

エロDVDに出てHする女性をAV女優なんていうが女優と思っているのは本人だけでただのエロイことをする少々頭の悪いねえちゃんぐらいの扱いでしかない

ただ男はその頭の悪いねえちゃんが好きで『ええ乳しとるなあ』と誉めそやすがもし、その子に告白されると二の足を踏む…吉本の芸人ならやり逃げだろうけど…

 

その企画の中でAKBのメンバーでありながら時流に乗り遅れた娘や、おなじAKBで不思議ちゃんも相談に来ていた

一人は女子プロレスラー?…と思ったら本当にオファーが来てたらしいw

もう一人の不思議ちゃんは人間は絶対にレモンになれないと言うことを19歳になってるのなら知っておくべきだ

 

そして、一世を風靡した波田陽区が相談に来ていた

自分は他の人と違って切実度が半端ない、と言ってたがその実何の努力もしていないことがわかった

彼は島田伸輔の引退によって全く仕事がなくなったらしい

今はラジオ一本でそのラジオさえ彼のマネージャーに言わせると面白くないと言う

俺を売ってよとと言いながらネタを考えるわけでも、それ以前にテレビさえ見ないという

彼はピーク時月の手取りが数千万あったという、おそらくその栄光を、あの夢をもう一度なのだろう

だが、彼がやるネタは未だに10年前の『~~切り~』で、カビの生えた…いや、アオカビなら抗生物質が作れて役に立つ、土の中で腐葉土にまみれて腐ってしまったようなネタで営業を回っているらしい

それは客を冒涜してるんじゃないのか?

なんで自分を磨かないのか、トークを磨き、人のネタをパクリ(人のネタをパクルことによって元々の持ち主も脚光を浴びることもある)

そうしているうちに自分の立ち位置が決まってくるだろう

 

土田晃之やフジワラの藤本、ザキヤマ、カンニングの竹山…彼らはコンビ解消とか実質解消、病気によって亡くなったり…そういう経緯を経て今の立ち位置を確保した

ひな壇芸人と揶揄する人もいるだろうが実際彼らがテレビに出てると面白い

彼らの笑いのサービス精神は尽きることなく少々、いやかなりしつこいぐらいに笑いを押し付ける

おそらくそういうのも無限にウケルわけではないだろう

いつかは飽きられる、でも彼らならその時には別の笑いを作っているんじゃないか、そう思わせう何かがある

古典芸能でもあるまいに一つのネタを10年も続け、新しいネタも作らず、マネージャーにただ自分を売るように言う

テレビに出たら出た出何か記憶に残ることをするのかといえばあの無愛想な顔でふてくされてほとんどしゃべらない

 

あるドッキリのSP番組で3人の女の子のアイドルに『次の仕事に差し障るから』とクイズと水泳で負けるよう仕向ける企画があった

最初は負ける気満々だった小島瑠璃子ちゃんは『いくら次の仕事があるからといって今の仕事に手を抜くのはスタッフさんやMCさんに失礼』と言って優勝してしまった

原幹恵さんは明らかに手を抜いていたが、ただクイズの方では番組を成立させようとトップになった

波田陽区は小島瑠璃子ちゃんのような思考はできるのだろうか

見ている人だけじゃなくスタッフ、MCに対しての仕事としての矜持は持っているのだろうか

もしそれができないのなら波田陽区はテレビにバラエティに出る資格があるとはとても思えない

|

僕が大好きな由紀恵さん

由紀恵さんといっても女優の仲間由紀恵さんのことだ

高嶺の花レベルではなく雲の上の存在…いやそれ以上だ

イスカンダルレベルに手が届かない

深夜枠のドラマ『TRICK』で主演を張り共演の阿部寛とともにブレークした

TRICKは合計3シリーズ作られ、SPドラマ、TRICK劇場版とそれなりにヒットした

その仲間由紀恵さんが『TRICK』『ごくせん』以降最近あまりぱっとしない

間があるとはいえ10年近く一つの役、山田奈緒子をやると見ているものはどうしても先入観を持ってしまう

TRICK3が終了して以来シリアスな役が多いと思う

僕は彼女のコメディエンヌの才は下手なコメディアンより優れていると思うのだが彼女は『ありふれた奇跡』ではシリアスな役、『美しき隣人』では少々怖い役もこなした

巧妙が辻ではストーリーの中でコミカルな役(たとえば一豊が浮気をしてそれを明かしてしまうシーンとか、子供ができない千代が一豊に側室をあてがうが行動とは裏腹にそのイライラを実家の木にぶつけるシーンとか)

彼女は小さなコミカルな行動が面白い

ちなみに巧妙が辻や劇場版TRICKの中でリングを髣髴させるシーンがある

昨夏放送したゴーストママはコメディではあるがどこかやり切れてない感じがした

大コケした『アンタッチャブル』はおそらく誰が演じても大コケしただろう

あれは仲間由紀恵さんの責任ではない

シナリオに整合性がなく、行き当たりばったりの極み

脚本家と演出家はちゃんと話し合って面白いドラマを作ろうと努力したのかはなはだ疑問だ

でも視聴者は『今やってる誰それが主演のあのドラマ面白くないよね~』

と出演者の責任にされる

視聴率の低いドラマ=面白くない・・・とは一概にいえない

その逆も真なりで視聴率がいいから良いとは言い切れない

古いドラマだが『愛し合ってるかい』という陣内某が出てたドラマは視聴率はそこそこあったが演じる役者の若い才能を浪費した犯罪にも似た作品だと僕は思っている

だが、それでもアンタッチャブルほど最悪ではなかった

少なくとも視聴率は稼いでいた

僕は仲間由紀恵さんのコメディー…昔で言う笑いとペーソスにあふれた作品を見て見たい

ちなみに僕は70年代石立鉄男さんがやっていたようなドラマが好きです

 

| | コメント (0)

すごい…凄すぎる・・・

レクサスのCMだ

まずは一見

http://www.youtube.com/watch?v=uj0v1BgzUdc

スピルバーグの『ニューヨーク東8番街の奇跡』を髣髴させるが、このCMのすごいのはこの映像がCGではなく実写だってこと…

空中を飛ぶ物体は一定の行動をとるようにプログラミングされている

CMはその短さ(15秒~20秒)の割りにすごい費用をかける

もちろんハリウッドの俳優を使えばその費用は跳ね上がるがそうでない場合でもかなりの費用がかかる

それだけにそれを作る人のモチベーションはすごいのだろう

日清カップヌードルの『hungry?』で終わる原人がマンモスを狩るCMとか、いすゞの無人の車(実は運転手はシートに隠れて乗っている)が2台アイスダンスのペアのように走るCMとか、記憶に残るのはいっぱいある

実は僕の中で一つ記憶に残っているのに風邪薬の『コンタック600』のCMがある

カプセルが空き中から顆粒がこぼれるだけのCMなのだが、実はそれが作られたのはCGの無い時代

あのCMはどうやって作られたのか未だに不思議でならない

 

 

この記事を書いてて日清のカップヌードルのCMを一つ思い出した

一度見ただけなので記憶があやふやだが

 

 

南の島…

ジャングルのようなところを移動する(本人の姿は映らず視界がその動きを伝える)

そして綺麗な海が見える開けたところに出る

その人たちは銃を背負った少年と少女…

 

 

『BORDER』の一連のシリーズの中の一作だがそれが視聴者から反発を買い流されなくなった

少年が銃を持っているという映像が『戦争の肯定』につながるとかそういう意見だったと記憶している

日本人の、特に女性の一番よくない性質なんだと思う

『見たくないものは見ず、見たいものだけを見る』

数十年前に自衛隊論議で、ある女性政治家が『自衛隊を肯定する人は自分の息子を戦地に送ってもいいと考えているのか』と喚いていた

その人の言を取れば自分の息子を戦争で死なせることは嫌だがよその国の息子は死んでもかまわないと言うことなんだろう

当時僕はその人のことを何たる傲慢で、ひどい人なのかと思った…それは今も変わらない

 

レクサスのCMを見てすごいなあと感心する

どこででもカップヌードルが買えて、とりあえず飢える心配はない

そんな環境とはまったく違う内戦が起きている国や地域に思いをいたらせることはおそらく上の女性政治家にはできないのだろう

 

 

フィリピンの台風で大きな被害が出た

国だけでなく企業のバックアップが無いためそこに住む人は生きるために、子供を飢えさせないために略奪を始める

阪神や東北の震災時、日本で略奪や暴力事件はほとんど起きなかった

ほとんどと言うのは報道されないが小規模のものはあった、それは不法滞在中国人や韓国人によるものだがフィリピンに比べるとその規模はかなり小さい

日本人は礼儀正しくどんなときも落ち着いているなどと言われこそばゆい思いもするが、実は環境がそうさせている

日本では一つの地域がそういう状況になった時、企業はそれに対応できるノウハウを持っている

ある飲料水メーカーは自販機を無料で使えるようにし、同時にトラックで飲料水を運ぶ

コンビニやスーパー、流通業者は弁当工場をフル稼働し被災地に届ける

細かいところでは女性の生理用品や赤ちゃんの離乳食、さらには高齢者用のオムツまで用意されたと言う

※ ただ、自衛隊は優先順位が医療と食品なので道路が寸断されたためなかなか末端まではいきわたらなかった

企業は自分の得意分野を生かして行動する

日本人はとにかく一つの方向に向かった時その能力が発揮されその力は倍にも三倍にもなる…それが別の方向へ発揮されるとちょっと怖い

 

フィリピンにはまだそういう環境が整ってないのだろう

もしあったとしてもそれはその被害に比べあまりに小さな能力だったのかもしれない

そんな中でおなかをすかせて泣く子供の父親のスーパーでの略奪をどう責めることができるのだろう

だからと言ってテレビを盗んでもいいといっているのではない

一切れのパンのために人を殺してもいいといっているのではない

 

生きるための『戦い』

父親にとってそれは義務なのだ

少なくとも阪神の震災時、おにぎりを一個1000円で売ろうとした男や、住宅に困る人が大勢出ると踏み、いっせいに家賃と権利金を上げた大阪の不動産屋、大家よりは人間らしい行動だ

 

ああ、今回も取り留めの無い、まとまりの無い記事になってしまった

 

 

| | コメント (0)

さあ、これは何でしょう

Photo


え~~

実はオムライスです(~~;)

 

今日は寒くて外へ出る気がしない、かといって何もしなくても腹は減る

冷蔵庫を見るとベーコンと野菜があった

あとクノールのポタージュスープがあったのでチャーハンでも作るかと思ったがどうせならとオムライスを作ることにした

それが間違いの元・・・

焦げた…というより…焼けた(笑

ここまで失敗するのは珍しい・・・が、味がそこそこよかったのが救いだ

原因はフライパンのコーティングがダメになってることかな

完全にやられた

やられたらやり返す、倍返しだ

誰か美味しいオムライスを作ってくれ~

やってくれたらお返しをする、恩返しだ

 

 

| | コメント (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2014年1月 »