« 有吉弘行が面白い | トップページ | 書店の嘆き »

高を括る(たかをくくる)

高を括る(たかをくくる)という言葉がある

意味は程度を予測しあなどること、と辞書にはある

だが、最近のこの国を見ていると物事の根幹で高を括った一部の人の行動で悲惨なことがおきることがある

パン工場のノロウィルスの問題では食品を扱うものとしてどこか危機意識が薄れ高を括った行動をしてなかったか

トイレへ行って手を洗うのも本来なら消毒液や除菌洗剤を使うところを大雑把な洗い方になってなかったか

『これぐらい大丈夫や』でいわゆるナアナアになってなかったのか

それは昨年あった京都の殺人に近い交通事故を起こした運転手と同じ感覚ではなかったのか

『俺は大丈夫』という根拠のない自信

癲癇を持っている運転手による事故もあった

それも同じ、根拠のない自信からくる悲惨な結果だったのではないか

話は変わるが沖縄で辺野古移設反対の市長が再選された

彼はとにもかくにも反対らしい

沖縄の基地問題は確かにいびつで苦難を強いている部分もある

そして沖縄の人がよく口にする『沖縄は唯一国内戦が行われた』という

だから沖縄の人には内地の人より苦難を味わったという

それは事実ではあるが事実の全てを表しているのではない

彼ら彼女らは軍関係で働いたり挺身隊として一部の戦闘にも参加した

そういった人も含めて沖縄戦で亡くなった民間人は約10万人か

では東京空襲で亡くなった人約10万、地方都市空襲で亡くなった人一地域数万

そして二発の原爆で亡くなった人20万(さらに原爆症で亡くなった人数万)

もっと言えば終戦直後都会では食べるものがなく上で死んだ人もかなりの人数になる

そして飲まず食わずで働いた先人たちの地と涙が都会の地にはしみこんでいる

彼らの死より沖縄の人たちの死のほうが悲惨で多く語られるべきだとでも言うのだろうか

沖縄の悲惨を訴える人にどこか在日朝鮮人と同じ色を感じるのは僕だけではないはずだ

沖縄は大変だったのだから内地の人はそれに感謝し考慮しろ、それに、どうせ日本政府は沖縄から基地を無くすことなんてできるはずがない

500億なんていわずもっと良い条件を引き出せる…なんて考えたのかどうかはわからないが

それもひとつの高を括る行動になってないだろうか

沖縄の基地問題は根本的な部分で考えるべきだとは思う

それを1996年ごろから考え、一応答えが出てそれをちゃぶ台をひっくり返すようにしたのが民主党の代表鳩山氏だ

民主党政権の三年間は無能なものが国のリーダーになったらどれほどに悲惨な状況になるかと言うことを知るうえで貴重な経験だった

彼らを選んだ国民は(すまないが僕も含めてのことだ)日本はこれ以上悪くなりようがない、だったら一度自民党以外にやらせてみるかと高を括ったのだ

そのツケは大きく中国と韓国はこれでもかというぐらい反日行動をとった

そう、中国と韓国も日本に対したかを括ったのだ

結果安倍首相に代わり円安が進み株価が上がり、企業に対し賃金の上昇を促せる経済状況になった

企業にとって韓国は元々売り手市場のお客さんでしかなく中国からも反日暴動以降徐々に東南アジアにシフトしている

中国はともかく韓国は今年おそらく経済的にひとつの悪いほうの節目を迎えるかもしれない

世界でありもしない『従軍慰安婦』問題を喧伝し嘘っぱちの像まで建てている

そもそも従軍慰安婦20万人…って日本兵は敵との戦いより売春婦とのHのほうが忙しかったのか

韓国大統領はその父の若い時の行動が親日的であるためにことさらに日本を貶め反日大統領であることを国民に知らしめようとしているのだろう

彼女もまた自分の国の人たちのことを高を括っているのかもしれないが彼女の行動に溜飲を下げる韓国人がいることそれもまた事実だ

僕はある企業から派遣され量販店で仕事をしている

その量販店に若い女性社員がいる

彼女と僕は何の接点もなくほとんど話をしたこともない

だがどういうわけか偉く僕のことを嫌っている

まあ僕を嫌おうがどうしようが痛くもかゆくもないのだが、仕事に差し支える

昨年のある日曜日、客に呼ばれそれがそのこの担当する商品だった

他の社員は別の客に手をとられ、バックヤードに行くと彼女がなにやら伝票を見ていた

僕が対応をお願いすると彼女は『誰か他の人に言ってください』とのたまわった

頭の中でぷちっと切れる音がしたがレベルの低い人に切れてもしょうがない

彼女も僕がメーカーの派遣であると言うことで高を括っているのだろう

だが彼女がしたことはひとつのハラスメントでありそれが日常的であるならばその量販店が処罰の対象になる

こんなことで訴訟を起こすつもりはないが一応派遣元の会社と労働基準局には報告をしなくてはならない

下手をすれば彼女は高い代償を払うことになるかもしれない

 

 

僕は執念深くかなり根に持つタイプのようだ

|

« 有吉弘行が面白い | トップページ | 書店の嘆き »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。