« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

書店の嘆き

町の本屋さんの数が減少しているらしい

僕自身『本』と言うものが好きで本屋さんに行くと必ずもそれも大の方をよおしてくる

それは好きな環境にいることによるリラックスから来る生理現象と聞いたことがある

でもストレスを感じてもやはり同じ症状が起きるらしいからどっちがどうとはいえないのかもしれない

話を元に戻すと

町の本屋さんの減少はまず万引きがあげられる

いまさら川崎市の事件を上げるつもりはないが一冊の本500円を盗まれその利 益を確保するためには何冊の本を売らなければならないか…

そして一般の雑誌ならコンビニで買える、別に遠い…と言っても300mほどだが…書店まで足を伸ばさずとも必要なものはそこで手に入れることができ価格も変わらない

さらに専門書とかちょっとマニアックな本(僕の場合竹久夢二の画集)などはコンビにではもちろん書店でも手に入らない

さらに言うと書店の販売員の知識はあまりに少なくどこかスープの上澄みを思い出させるレベルだ(アルバイト店員にどこまで求めるかという問題もある)

結局専門書を買う時は足を伸ばし大きな書店に行き、雑誌を買うときはコンビニで済ませる

絶版になったような本は神田神保町まで足を伸ばす

さらにamazonで買うこともある

町の本屋で在庫が無く取り寄せをしたら4~5日かかる

がamazonなら在庫さえあれば早ければ明日、遅くとも明後日には手に入る

町の書店の店主はやっていけないと嘆くが客からすればたまねぎやピーマンはあるがちょっと珍しいきのこを置いてないような八百屋への足は次第に遠のくだろう…このたとえはちょっと強引か…

書店は究極のセルフサービス店舗だ

客が欲しい本を選びそれをレジに持っていって金を払う

家電製品とは違い使う条件や使い勝手を聞くようなものではない

客が選び、決め、そして本の裏に表示された価格を払う

同じの2冊買うから値引きしてなんて言う事はありえないのだ

究極のお侍の商売で町の書店がやっていけないと言うのはそれは時代の淘汰で、たとえば冷蔵庫が一般化して氷庫が無くなり、ストーブが一般化して火鉢が無くなった

さらにファンヒーターが一般化してストーブも減少傾向にある(震災以降需要が増したが)

一つの産業が永遠に続くと言うのはない

ただ形を変えて残っていく

今から10年20年後『本』と言うものが無くなりデジタルに置き換わっているかもしれない

事実僕は新聞を取らずネットでさまざまなニュースを見る

もしかしたら僕は時代の先駆けを行ってるのかもしれない

| | コメント (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »