« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

住み続けるのは・・・

マンションの更新がある

もしかしたら大家さんから更新を断られるかもしれない

ならば引っ越すしかなく更新までに引越し先を決めなければならない

もちろん今日言われて、さあ出ていけなんてことは無いだろうが僕が居住権どうのこうのは言えた義理じゃない

また年金暮らしの還暦のジジイを住まわせてくれる賃貸もたぶんないだろう

そうなるとホームレスか・・・それにしては荷物が多すぎる

一般的な生活家電とは別にプリンタがでかいのと中くらいのとレーザーと3台ある

あとパソコンやらモニタやら・・・

絵を描くための道具も多い、エアブラシのコンプレッサー、A1ができるラミネーター

それらを処分するとしても数万~十数万円がかかる

にっちもさっちもどうにもブルドックだ

 

ネットで見てて良いなと思う売り物件があった

ひとつは茨城の山奥の物件で築21年、建物80平米、土地が450平米あり120万円

ログハウス風建物ですごく雰囲気が良い、だがかなりの修繕が必要だ

もうひとつは岡山の島、築30年、建物39平米、土地は150平米で128万円

こちらは修繕とかしなくてもすめそうだが、何しろ瀬戸内海の島、引越しできるのだろうか

ただ瀬戸内は明るく、神戸に住んでいた自分としては気候になじみがある

 

実はもう一件、静岡に60万円と言う物件があった

かなり傷んでいるが日曜大工的に修理していけば住めなくもないがその家に至るまでの道が無く、細い石の階段でできた崖のようなところを登っていかねばならない

そこで暮らすのは現実的に不可能だと思う

そして45万円の物件と言うのもあった

相続放棄の弁護士物件だ

グーグルアースで場所を調べたら・・・家の真ん前がお墓・・・お墓はちゃんと供養されて入ってるので縁起の悪い物ではないが毎朝お墓を見るというのは現実的に気分のいいものではない

まあ今の僕に贅沢は言えないのだが

賃貸は先の理由で考えてない

いろいろ模索中だが、引っ越すにしてもお金がいる

売買金額と仲介料、さらに登記料とか何やかやがかかるらしい

こんなどうしようもないノッポおじいちゃんに明日はあるのか!!

| | コメント (0)

人は存在するだけで・・・

人は…特に僕は存在するだけで他人に迷惑をかけてしまう

住んでいる部屋の管理会社が変わるらしい

もし、大家さんから外されたのならその責任の一端は僕にあると思う

ここに住んで約10年、いろんなことがあったが太宰治風にいえば『恥の多い10年だった』

街のルールは守ったし近隣住民とのトラブルも無かった

だがそれは僕が知らないだけで僕のことを疎ましく思っていた人がいるかもしれない

何気なくしたことが人の琴線に触れ怒りを買うこともある

 

何にせよこの部屋はいずれ出なければならないかもしれない

そうなればどこか山奥の過疎地の放置された空き家に住むことを考えている

北海道なら70万円で土地付きで買える家がある

もっと過疎なら九州に『年』1万円で借りれる物件もある

因みにそのどちらも今よりはるかに広い・・・が北海道は豪雪地帯、九州は上下水道が通っておらず井戸水を利用しトイレは汲み取り式だ

蛇口をひねればお湯が出てコックをひねればトイレがきれいになるという今のような生活ではない

さらに障害で仕事もできず高齢になっていく僕を自治体が受け入れてくれるのだろうか

昔、ここへ越してきた当初、ブログで『いずれ宮古島に住み、絵を描いて暮したい』なんて書いた記憶がある

今となっては何と言う贅沢な夢なんだろうと思う

 

 

 

 

|

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »