新シーズン開始

ノッポおじさんの日常

ノッポおじさんの黄昏

ノッポおじさんの煩悩

で…多分最終シーズン

『ノッポおじさんの無常』です

さまざまな事情から更新はあまり出来ませんし、幾分シニカルな記事が占めるので気分を悪くする方も居られるかもしれませんが還暦爺の能書きだと思って時々見てやってください

  

   

で、新シーズン記念の一本目は映画の話

『怒りの孤島』と言う映画をご存知だろうか

1958年の作品だから50年以上前の作品だ

この映画を僕は6歳の時に見たことになる

憶えているのは小さなニワトリ小屋のような檻の中に閉じ込められた少年が泣き叫ぶシーンだけだ

物語の背景や主人公の心の動きとかは一切記憶に無い

ただ、あのシーンを思い出すだけで重く暗澹とした気持ちにさせられる

ストーリーは実話を基にしている

瀬戸内海の小さな島

その中でも鯛の一本釣りをする親方は絶対君主で舵子(だこ)とよばれる船を操る少年を支配している

その少年たちは農村の娘が女衒に売られるのと同じように親に売られたもの

戦後の混乱期に親も無く頼るものも無い少年をひとまとめにし人買いのように売られたもの

もちろん少年たちには甘い言葉(と言っても布団で寝られて三度の飯が食えるぐらいの事)で騙されて連れて来られていた

そこにある日、幸太郎と言う少年ら7人が連れてこられるのだが、前から居た少年”鉄”は朝から晩までこき使われ怒鳴られ殴られいつしか無表情な少年になってしまっている

それでも鉄は友達の直二(彼が鶏小屋に閉じ込められ泣き叫んでいた少年)にわずかばかりの食事を運ぶ

直二は空腹のあまり小魚を盗んだためそんな目にあっている

島は親方と舵子だけではなくむしろいわゆる普通に生活をしている家庭がほとんどで子供は小学校、中学校へ行き親元で幸福に暮らしている

親方と蛇子は少数派で身なりも汚く学校へも行ってない

そういったところから蔑視されている

結局少年たちは島を脱出しようとするのだが鶏小屋の直二はその日すでに餓死してしまっていた

鉄は直二の死体を背負って逃げようとしたが結局親方に捕まってしまう

そしてむごい仕打ちを受けて瀕死の重傷を負ってしまう

それを見た分教場の先生の娘”絹子”(二木てるみさんです)は鉄を引き取って看護し鉄は一命を取り留める

一方脱出した少年は逃げおおせたとはいえ生活の糧が無い

結局かっぱらいや置き引きで生活をするのだが警察に捕まりはじめて島の実情が明らかになる

   

   

要約すればこういう物語なのだがこれが事実に基づいた話であると言うところが悲しい

で、この話の中で悪いのは誰なんだろう

親方なのだろうか、この少年たちの親なのだろうか、国の行政?

その全てが絡み合ってこの悲劇があったのだろう

でも、僕は島民の無関心が罪が重いと思う

 

少年たちがそんな目にあってることを島民たちが知らないはずが無いし、もし自分がモノを言う勇気が無いなら50年以上前で社会情勢が違うといってしまえばそれまでだが、何らかの別の方法があったと思う

見てみぬ振りは罪を犯す当事者より罪は重いのではないか

    

   

この『怒りの孤島』に似た事件が最近あった

2歳と3歳の子供を置き去りにし遊び呆けた末二人の子供を餓死させた23歳の母親の事件だ

周りの住民は何度も何度も児童相談所に連絡を入れたのだが担当は部屋を訪れてノックしたが誰も出なかったと言う

この担当は表現する言葉が無いぐらい馬鹿で無責任な人だ

3歳の子供が、もしかしたら飢えて動けなくなってしまっているかもしれない子供がノックをしたらドアを開けると思っているのだろうか

なぜ、もう少し、ほんの少しでいいから想像力を働かせなかったのだろう

「中で倒れてるかもしれない」と、そして現実に倒れてたのだ

もし倒れてなく元気に暮らしてたら…そんなことは望むべくも無いが…それはそれでよしとすればいいことではないのか

法律的にこの担当を罰することは出来ない

彼らは金科玉条のごとく『我々には権限が無い』と言う

小さな子供の命よりも己に責任の火の粉がかからないように行動するのが児童相談所なら児童相談所など潰し、もっと行動できるシステムを作るべきだ

   

因みに家の前にパチンコ屋さんの駐車場がある

未だに馬鹿な親が子供を車内に残したままパチンコに興じていることがあるらしい

そこのパチンコ屋さんは時々見回りをしもし子供を車内に放置していると認められれば呼び出しを掛け、現れない場合は警察を呼ぶことになっているらしい

もちろん子供を車内に残してパチンコに興じるような親だからグダグダと言う人もいるだろう、でも子供が熱中症で亡くなるよりははるかにいい

 

児童相談所の担当はこのパチンコ屋の従業員レベルのことも出来ないのだ

といったらパチンコ屋の従業員に失礼だろうか

 

  

  

  

|

またまたまた西川史子さん

・・・のつもりだったんだけど

こうなると誰が誰なんだか・・・

Nishikawa_ayax_2  

 

 

 

 

 

 

今までは写真を元に描いてましたがこの作品は完全オリジナルです…だから似てないのか

やはり難しい~~~

 

絵を描く知り合いで色鉛筆を使って描いてる方がおられます

色鉛筆でここまで描けるのか…と、感動ものです

やはりモデルは芸能人で作品はあくまでも『練習』だそうです

やはり絵といえども肖像権は発生するらしく勝手に商売してはいけないらしいですね

でも、それは似ててこそで、僕のように似てない似顔絵はどうなるのかな~~~

まあ似顔絵(?)をお金にするつもりはありませんし買ってくれる人がいるとも思えませんが…

 

| | コメント (4)

ハリウッド映画の

昨日テレビでジュラシックパークをやってましたね~

三作目と言うことで幾分新鮮味のない作品ではありましたが映像的には楽しめました。

でも、ハリウッド映画の先行きに、「このままでいいのか?」と疑問がつく作品でした

一昔前のアメリカの恐怖映画、特に殺人鬼映画で、どういうわけか殺人鬼(例えばジェイソン)に追いかけられる主人公が人のいない方いない方へ逃げるのを「何で?」と思ってましたし

一人殺され二人殺されしてるのに女の子が一人シャワーを浴びに行ったり、カップルがHを始めたり…まあ、B級映画のお決まりサービスシーンといえばそれまでだけどね

昨日の『ジュラシックパーク3』の前作『2』でも恐竜がいる島でウォークマンを聞いている兵隊(雇われ兵かな)がいて、やたら緊張感が無かったし、びびってる癖に一人になる隊員…結局殺されるけど…

極めつけは『3』のはじめの方でスピーカーで子供に呼びかけるシーン…子供が心配で捜しに来た親がすることでいかにも理屈が通ってるみたいだけど、人食い恐竜がいるところでする事じゃないだろ…

とにかく全般的にストーリーの背景と人物の行動に違和感がある

それとジュラシックパーク全作に言えることだけど設備が脆弱すぎる。

建物を守る柵がでかい恐竜の体当たりで木っ端微塵になるって…どうなの?

次にパニック映画のパターンとして、島に乗り込む前はみんなタカをくくってて実際島に乗り込んでからひどい目にあうと言ういつものパターン

このパターンはアメリカ映画の定番で『エイリアン2』でも惑星へ向かう宇宙船の中でエイリアンに対しタカをくくって結果ひどい目に合いますね

興行成績もよくみんな『良かった。面白かった』と言ってる『ハルマゲドン』も地球に激突する隕石に向かう宇宙船(スペースシャトル)とか到着後その地上を走る8輪のビーグルは凄く性能がいいのに何で肝心の掘削機があんなに華奢なの?

おまけに計画ってA案が駄目ならB案、それでも駄目ならC案、そしてどうしようもなければ最後は核のスイッチ…でしょ

なのに案は一つだけ、それで駄目だったから核のスイッチ…ちょっと…ちょっとちょっと…なんて突っ込みたくなる

日本の映画界も一時、主演俳優におんぶに抱っこの時期がありました

『中村錦之助(萬屋)の~タイトル~』で観客が入った時代があり、1985年ごろにはテレビ局とのタイアップでクランクインする前にチケットが売れて、映画館で上映する前に『空前の大ヒット』になってたりしました。

現実映画館はガラガラだったんですけどね

当然ヒットが約束されてる映画なんてあるはずも無く次第に邦画離れが目立ち始めました

幾つか良い映画もあったのにね、当時ハリウッド映画はスターウォーズとかバックトゥザフューチャーとかがヒットしてて日本の映画は映像的に見劣りしてたしね

特に『さよならジュピター』に至っては金返せといいたくなる作品で、あれを見て『日本はSF映画は作っちゃいけない』と思いましたね

最近日本もSFっぽい作品に面白そうなものがありますけどあくまでもスペースオペラ的なものじゃなく近未来SFですね、これは大友克洋さんのおかげかな

結局ハリウッド映画も日本の映画も一つの作品がヒットしたら必ず亜流が出て来ます。そしてその内飽きられて次の作品を模索する…そのくり返しなんだろうけどアメリカは『強いアメリカ』と往年の『ヒーロー者』に活路を見出し(僕はちっとも面白くないけど)日本は昔の作風と新しい映像技術に活路を見出してるような気がする

どっちが良いとか悪いとかじゃなくどっちが面白いかを見る人が決めたら良いと思う

だからみんな映画へ行こう

| | コメント (5)